人気ブログランキング |

河又 マンモスケイヴ(5.13c) 完登

山岳部の先輩後輩が河又へゆくというのを聞きつけたので、土曜日私も予定をかえて行くことにした。
登山口のある道路の脇にはまだ残雪があるが、登山道にはほぼ雪は残っていない。
寒すぎず、暑すぎずという1日だった。半袖Tシャツで登れるほど。

岩場に到着すると、多くのクライマーで賑わっていたが、マンモスケイヴをトライしているのは私の他には1人だけだった。
アップは空いている簡単なルートで済ませ、件のマンモスケイヴをトライする。
一回目はムーブの確認をさっと済ませる。
二回目、初めて一発目と二発目のボルダーをこなすことが出来た。
三発目のボルダーで力尽きた。

日が暮れるのを待って、三回目を出す。
既に疲労しており、二回目を終えた段階で生あくびを連発するような感じ。
一回目、二回目のトライで完登のイメージは出来上がっていた。けれど、完登出来る可能性はほとんどないかなというのが、残存体力と相談したところの感想だった。
でも、0ではないとは思っていたので、集中力を高めてから離陸する。

雑念が酷くて集中し切れているとは到底言えなかったが、湖にうつる逆さ富士のように、精神の漣をたてぬようなクライミングを心がけたつもり。

一発目、二発目は出来た。
問題は三発目。
充分にレストをしてから、渾身の一撃をぶちかました。とまった!
落ち着いて終了点まで。
一応棚に立てるところまで上がる。

嗚呼、登れた…。ただただ嬉しかった。
興奮が冷めてくると虚しさが襲ってきた。けれど、充実感のある虚しさだった。
合計三日間のクライミングだった。
c0210618_22384502.jpg
マンモスケイブ最初の核心


c0210618_22384588.jpg
二回目の核心


c0210618_22384601.jpg
最後の核心


クライミング ブログランキングへ




by kaitin-yusei | 2016-02-14 22:45 | スポートクライミング

フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31