タグ:瑞牆山 ( 6 ) タグの人気記事

瑞牆山 カンマンボロン(5月19日、22日)

久しぶりにカンマンボロンへ行ってきました。
「岩の殿堂(5.12c)」をトライ。
何とか落ちずに一回目で登れた。
砂の塔(5.12a)を単発でトライしているのと、岩の殿堂も以前にトライしたことがある。
今回このルートで遊べればいいやくらいに思っていたので、今回一回目で登れて嬉しかった。

パートナーが「UFO Catcher(5.13c)」をトライしていたので、一緒に混ぜてもらいトライすることに。
とりあえずはトップロープでトライ。
3人であーでもないこーでもないと登っていたので、わりととんとん拍子にムーブを解析することが出来たと思う。
三回目でリードでトライするが、トップロープで登っているのとは流れが変わってしまうのと、まだまだムーブの詰めが甘かった。
22日予定が空いていたので、またカンマンボロンに登りに来る先輩に混ぜてもらうことになった。

22日、7時集合でカンマンボロンへ。
日が当たる前に2回トライする。
これで大分ムーブは固まったけれども、横っ飛びダブルダイノの成功率があまり高くないのがネック。
失敗すると体勢を制御出来ぬままフォールすることになる。

昼寝を挟みつつ、日が落ちてきた夕方に3回目のトライ。
結構緊張はしていたけれど、落ち着いてトライ出来たような気がする。
完登することが出来た。
実は花崗岩の5.13は3本目だし、13cは初めてなので、あまり登れたという実感はないような感じ?です。
でも、極寒の3月から小川山にせっせと通った努力が実ったのだとしたら、これほど嬉しいものはありません。
また、セッションするように、仲間(といっても先輩方ですが)と同じルートに挑戦し、アドバイスをもらったから、今回登れたと思っています。
c0210618_12071698.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリックお願いします!

by kaitin-yusei | 2017-05-25 12:09 | スポートクライミング

大面岩左稜線(11月3日)

3日、瑞牆山大面岩左稜線を登ってきました。
スクールでは初めての瑞牆山です。

大面岩左稜線は5.10b(5.10c)のピッチがグレード上の核心ですが、
事実上、最終ピッチのワイドクラックが核心であるととらえ、先日はワイドクラックの講習も行い準備してきました。
しかし、今回の核心は風でした…(苦笑)。
他に左稜線を登るパーティーはおらず(当たり前か)、順調に高度を上げていきましたが、
吹きさらしの風にやられました。
風がなければ、ぽかぽか日和のなかの登攀だったのに!!

c0210618_22512139.jpg

件のワイドクラックを登り終え、大面岩の頂につくころには風はほぼ止んでくれ、暖かかった。
しばし、のんびりすることが出来ました。


こんなに寒い思いしたのは、昨年のアメリカツアーでの、インクレディブル・ハルクの「ポジティブ・バイブレーション」以来でしょうか。
しかし、今回の山の神様のツンデレっぷりはすごかったです。近頃はツンデレされてばかりでしたが・・・。
今回のクライミングは良い思い出になりそうです。
c0210618_22522631.jpg
スクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

クリックお願いします!


by kaitin-yusei | 2016-11-04 22:58 | クライミングスクール

大面岩左稜線(10月18日)

今年は小川山には通いましたが、瑞牆山は二度目くらい?
初めて大面岩で登りました。
カンマンボロンに行くのもすごく久しぶりだったので、例のごとく迷ってしまいました。

大面岩左稜線、素晴らしいルートでした。

c0210618_06422258.jpg

c0210618_06422248.jpg

c0210618_10170677.jpg

クリックお願いします!


by kaitin-yusei | 2016-10-18 06:45 | マルチピッチ

6日間のクライミング合宿

ふってわいた休日でした。
6日、不動沢へ。
7日、小川山お殿様岩へ。
以上は先日記事をアップしたとおりです。

8日は二日間のワイドクラックでワイド筋が筋肉痛になり、ちょっと疲労を引きずりながら屋根岩2峰のマルチピッチ、セレクションを登り、移動して兄岩で登りました。

c0210618_12461163.jpg
9日は雨のためレスト。
10日は3峰のマルチピッチ、南稜レモンを登った後、ソラマメスラブで登る。
スラブの逆襲(5.11b)のフラッシュは逃してしまったけれど、帰ってきたタジヤン(5.11b)はオンサイト出来た。
近くに2峰もあるし、働けロッククライマーなどもあるし、質の高いエリアだなあと思いました。

c0210618_12461352.jpg
11日は裏烏帽子のむささびルート(5.10b 5P)へ。
烏帽子周辺には初めて行くので、間違って烏帽子左稜線の取り付きに行ってしまいました(笑)
一旦旧林道に戻り、次は正規のアプローチを通ることが出来ました。
しかし、百岩のトポのアプローチ図は分かりづらいと思うし不親切だなと感じた。左稜線の取り付きがわかったことは良かった。

むささびルートはロクスノ72号の記述や、ネットでみなさん奮闘された記事をアップしているように、結構難しかった。
個人的には総合的にウスノロマンより難しいかなと思いました。1P目と、いたちクラックは面白かった。

c0210618_13081259.jpg
1P目


c0210618_12461234.jpg
c0210618_12461247.jpg
いたちクラック これは見た目以上に面白いです。

c0210618_12503245.jpg
しっかりと頂上まで行きましたが、素晴らしい展望でした。

行きのアプローチは余計な歩きも含めて2時間30分かかりましたが、下山は30分でした(笑)
結局不動沢は半日、あとは廻り目平となってしまいましたが、充実した6日間でした。

クリックお願いします!

by kaitin-yusei | 2016-07-13 13:19 | スポートクライミング

不動沢

久しぶりに不動沢でワイドクラックを登りました。
エンパイアジャムでアップしたあと、よろめきクラックを登る。
よろめきは初めて触った時並みにダメダメだったかもしれない(笑)
トップへの道を登り、最後にア・プリオリをトライ。
一撃出来た。

出発が遅かったのと、途中事故渋滞にまき込まれたこともあり、えらく到着時間が遅くなりましたが、短い時間なりに充実出来た。

c0210618_07035693.jpg


by kaitin-yusei | 2016-07-07 06:52 | クラッククライミング

瑞牆山 十一面岩末端壁

瑞牆山でのクライミングは、結局今季も満足いくほど通えたわけではなかった。今回が今季最後の瑞牆となりそうだが、素晴らしい秋晴れのなか十一面岩末端壁に行ってきた。

スラブクライミングは一段落したので、今度はワイドクラックに力を入れようと思い、既に完登しているがトワイライト(5.11c)をトライする。
前回の時だったか、その時もトレーニングで取り付いたもののコテンパンにやられてしまったので、このルートに対してあまりよい印象はない。このルートをオンサイトする人は本当にすごいと思う。
まるで初めて取り付くクラックのルートのように緊張してしまう。でも苦手意識のある核心のワイドは意外とすんなり通過してしまった。完登出来てしまった。正直なところ、ほっとした。

トワイライト(5.11c)   (写真提供 TAKEMI)
c0210618_22530558.jpg


その後、春うらら(5.11b)を登る。こちらは割と得意なルート。  (写真提供 TAKEMI)
c0210618_22530581.jpg


地獄エリアでも付き合ってくれたTAKEMIは、気迫のクライミングでT&T(5.10d)をレッドポイント。まさか登れるとは思わなかった。
c0210618_22530688.jpg


雲ひとつない素晴らしい天気だった。ぽかぽか陽気で快適なクライミングをすることが出来た。どちらかというと修業の岩場という雰囲気のところだが、今回は和やかなそれであった。何とも名残惜しいと思わせてくれる、充実した瑞牆での一日だった。
c0210618_22530617.jpg



クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-11-06 23:18 | クラッククライミング


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

スポートクライミング
トラッドクライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(142)
(123)
(44)
(44)
(38)
(31)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

ポケットマントル(5.10d)
at 2017-05-28 22:48
瑞牆山 カンマンボロン(5月..
at 2017-05-25 12:09
【6月】クライミングスクール..
at 2017-05-18 13:01
小川山ボルダー(5月15日)
at 2017-05-16 11:44
小川山講習(5月12日、14日)
at 2017-05-15 09:45
GW小川山合宿(5月5日~7日)
at 2017-05-13 23:14
PLAY ロープクライミング..
at 2017-05-11 21:07
小川山(4月28日)
at 2017-05-01 13:04
PLAY ロープクライミング..
at 2017-04-28 22:47
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索