<   2016年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

湯河原幕岩講習(2月26日)

梅まつり真っ只中の湯河原幕岩へ。
岩場は結構空いていました。お陰で湯河原では珍しくのんびり登ることが出来ました。
太陽が出ていれば暖かく、陰ると急に寒くなるというこの時期定番の天気でした。
でも、早くも寒い冬は終わりをつげ、春の息吹がより一層感じられるのかもしれません。

今日も素晴らしいクライミングをすることが出来ました。
また登りにきたいと思います。
c0210618_23003774.jpg
c0210618_22564382.jpg
c0210618_22450821.jpg
c0210618_22555844.jpg
梅は七分咲きだそうです。


3月のスクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

クリックお願いします!



by kaitin-yusei | 2016-02-26 23:05 | クライミングスクール

城ヶ崎 フナムシロック (2月24日)

c0210618_21133510.jpg
一週間近く、福岡の故郷に帰っていました。
クライミングもお休み。良い休養になったかな?
休養明けのクライミングは城ヶ崎のフナムシロックです。
実はフナムシに行ったことはありませんでした。
城ヶ崎は10回行けば9回は暖かい・・・はずが、今日も寒かった・・。しかも車のなかに防寒着を忘れて来てしまい、終始寒かった。

フナムシは簡単なルート中心ですが、事前に写真で見たとおり面白いルートばかりでよかったです。
c0210618_21133504.jpg


早上がりして、河津桜を見に行きました。
c0210618_21133573.jpg
c0210618_21133567.jpg

3月のスクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

クリックお願いします!




by kaitin-yusei | 2016-02-24 22:13 | トラッドクライミング

登攀塾(2月17日)

すっかり遅くなってしまいましたが、一週間前の登攀塾の報告です。

テスト前のお休み期間に入るので、今回が2月最終のクライミングです。
ロックランズでのクライミングがしばらく出来ないので、出来れば切りよく終わらせておきたいところ。
終わってみると、三人は宿題を終わらせることが出来ました。

O君は垂壁の5.11aを無事完登。
先週の段階でほぼ登れていたので、今回登れて良かったと思います。
次からは前傾壁をトライします。

金太郎君はシャッターサイドの5.11a/bを完登。
彼も前回あと一手というところまで到達していたので、今回完登出来るだろうと思っていました。
しかし、以前全く出来なかった動きがこのルートで発揮出来ていたので、一体いつから出来るようになったんだろう??

トップロープでトライしているI君は、カチ持ちが出来るようになって苦戦していた垂壁の5.10dを登ることが出来ました。

トライするグレードが上がってくると、登れないまま終えてしまうことも多くなり、だからこそ登れたときの嬉しさは大きい。
課題のルートをなかなか登れないメンバーもいますが、根気よくクライミング出来るよう私もアドバイスしていきたいと思います。
次回は、三月の第二週です。

c0210618_22093449.jpg
今週の金太郎


3月のスクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

クリックお願いします!

by kaitin-yusei | 2016-02-24 21:55 | クライミングスクール

はじめてのロープクライミングスクール(第6回・2月23日)

はじめてのロープクライミングスクール、6回目。
今回が最終日です。

初日は非常に寒い日でしたが、段々と暖かくなり、今日が一番暖かい日でした。
何となく今までで一番暖かい服装を準備していましたが、全く不要でした。
寒いと言えば寒いけれども、難しいルートをやるにはちょうどよい気温だったように思います。
きっと、これから段々と夜間であっても登りやすくなっていくのでしょう。

美しい月光と相まって、よい終わり方をしたなあと思いました。

春、秋、冬と、3回ロープスクールを行い、6週にかけてロープスクールを行うにあたり方向性が見いだせてきたように思います。より一層、皆様が満足するようなクライミングスクールを実施していきたいと思います。
次回は、4月中旬にスタートする予定です。

c0210618_00110651.jpg
c0210618_00110680.jpg
3月のスクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

クリックお願いします!

by kaitin-yusei | 2016-02-23 23:32 | クライミングスクール

はじめてのロープクライミングスクール(第5回・2月16日)

16日は昭島のPLAYへ。
昼間の私のスクール。
素晴らしい晴天でしたが風が少々強い。
クライミング自体は充実したように思いますが、これからも楽しく充実して登っていけるように、私としても頑張っていきたいと思います。
c0210618_22093311.jpg
その後、トレーニングでボルダーをやろうとしたけれど、身体がすごく重かった。。
あまり登らず、ストレッチ長めにやって終了。
土曜、月曜の河又の疲れかな。

夜からは、初めてのロープクライミングスクール。
もう早くも五回目!
夜になると、ぐっと気温が下がってくるのですが、風向きが変わりPLAYの建物が風を遮ってくれるような形となり、ほぼ無風となります。近頃は一時よりも気温が高いので(息は白いけど)、防寒対策すれば逆に風のある昼間よりも快適かもしれない。
人間の順応というのはすごいですね。
ロープワーク関連は修了しましたので、今回からクライミングを中心にやっていきます。
今回は前傾壁のハーフルート(途中まで)のトライとなりました。
来週は最後となりますが、いよいよ前傾壁の終了点まで挑戦したいと思います。



by kaitin-yusei | 2016-02-18 10:19 | クライミングスクール

河又 (2月15日)

初めて登った5.10、5.11は河又だった。
初めて指をパキった(痛めた)のは、河又の5.12だった。
我が青春を捧げた体育会山岳部の活動のなかで、甘くもほろ苦い思い出の数ページを刻んでいるクライミング。
それが、河又という岩場だ。

先日共に登った後輩(一年生)は、私がかつて苦労して登った5.10のルートを登っていた。
私も丁度彼らと同じ年の頃、よくこの岩場に通った。
西武鉄道に揺られて飯能駅に向かうと、朝も早いので凍てつくような寒さのなか、先輩の車に乗せてもらったり、バスに乗ったりした。
そういう時から10年の時が流れて、先日マンモスケイヴを登ることが出来た。

一つの帰着点のような部分はあるけれども、もう終わったということはなく、これからなのだ。
河又でのクライミングもそうだ。
まだ登っていないルートは沢山ある。
肉体の限界はいつか来るだろうけれど、精神の可能性は無限大のような気がする。
登るという行為は、肉体で登るのではなく、精神で登るんだというのを久しく忘れていた。
これを力説すると笑われるのだけれども、私は強くそうだと思っている。


15日月曜日、中一日で河又へ。
染み出しがひどかった。雨の影響というより春一番で気温が上昇したことが原因のようだ。
夕方にかけて気温が下がってくると、染み出しはおさまってきた。
昼頃に雨が降ってくる。一旦止んだけれども、今度は雪が降ってくる。
雨は強く降っているのにも関わらず、染み出しはおさまっていく様子を見るとなんだか不思議な光景である。

先日目星をつけておいた、「おもろいでがんす(5.12b/c)」をトライしてみる。
三回トライしたが、日帰りで完登することは出来なかった。次回に持ち越し。
グレード以上に難しい気がするけれども、想像以上に面白いルートだった。
マイナールート(?)もやってみるのもいいね。

また来よう。







by kaitin-yusei | 2016-02-15 23:25 | スポートクライミング

河又 マンモスケイヴ(5.13c) 完登

山岳部の先輩後輩が河又へゆくというのを聞きつけたので、土曜日私も予定をかえて行くことにした。
登山口のある道路の脇にはまだ残雪があるが、登山道にはほぼ雪は残っていない。
寒すぎず、暑すぎずという1日だった。半袖Tシャツで登れるほど。

岩場に到着すると、多くのクライマーで賑わっていたが、マンモスケイヴをトライしているのは私の他には1人だけだった。
アップは空いている簡単なルートで済ませ、件のマンモスケイヴをトライする。
一回目はムーブの確認をさっと済ませる。
二回目、初めて一発目と二発目のボルダーをこなすことが出来た。
三発目のボルダーで力尽きた。

日が暮れるのを待って、三回目を出す。
既に疲労しており、二回目を終えた段階で生あくびを連発するような感じ。
一回目、二回目のトライで完登のイメージは出来上がっていた。けれど、完登出来る可能性はほとんどないかなというのが、残存体力と相談したところの感想だった。
でも、0ではないとは思っていたので、集中力を高めてから離陸する。

雑念が酷くて集中し切れているとは到底言えなかったが、湖にうつる逆さ富士のように、精神の漣をたてぬようなクライミングを心がけたつもり。

一発目、二発目は出来た。
問題は三発目。
充分にレストをしてから、渾身の一撃をぶちかました。とまった!
落ち着いて終了点まで。
一応棚に立てるところまで上がる。

嗚呼、登れた…。ただただ嬉しかった。
興奮が冷めてくると虚しさが襲ってきた。けれど、充実感のある虚しさだった。
合計三日間のクライミングだった。
c0210618_22384502.jpg
マンモスケイブ最初の核心


c0210618_22384588.jpg
二回目の核心


c0210618_22384601.jpg
最後の核心


クライミング ブログランキングへ




by kaitin-yusei | 2016-02-14 22:45 | スポートクライミング

城ヶ崎講習 ファミリークラックエリア 

c0210618_23232114.jpg
12日は城ヶ崎・ファミリークラックエリアでスクール。
城ヶ崎に行くと9割は暖かい日だと思っていますが、残りの1割に当たってしまったな~というような寒い1日でした。

c0210618_23222003.jpg
今回はフィンガージャムの基本的なやり方というテーマで行いました。
フィンガージャムの練習をするのに、ファミリーの代表的なクラック、ファザークラックをやらない手はない!と(笑)
少々グレードが高かったこともあり、スパルタ教育の様相になってしまったかも?しれませんが、よい練習になったかなと思います。
隣のブラザークラックも登り、シンハンドの練習も出来ました。

c0210618_23253055.jpg
ファザーやブラザーのような甘いフットジャムをやれば、フットジャムもより意識して出来るかなと思います。
指にしろ足にしろ、痛い思いをした一日でしたが、楽しくも充実した時間はあっという間に過ぎて行きました。

c0210618_23202699.jpg
海を眺めるちゃおべん丸


2月のスクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ





by kaitin-yusei | 2016-02-13 23:28 | クライミングスクール

登攀塾(2月10日)

10日は登攀塾。
M君は初めてトライする5.11c/dを、三回トライして登れなかった。
でも三回目のクライミングは、出し切るような素晴らしいそれでした。
金太郎君の5.11a、あと一手で完登でした。惜しかった!
O君も5.11a、足を滑らせなければ登れていたかもしれなかった。
完登者は1人も出ないという珍しい日でしたが、次に繋がるような良いクライミングを出来たかな。

私は5日ぶりに登りました。
オートビレイでアップして、メインウォールの5.11c、5.11c/d、5.12a、5.12a/b、5.12a/bを登りました。
実は久しぶりにロックランズのルートを登ったので楽しかった。
残るメインウォールのルートは全て登りたいと思います。


by kaitin-yusei | 2016-02-11 20:53 | クライミングスクール

はじめてのロープクライミングスクール(第四回・2月9日)

久しぶりの更新となってしまいました。
先日河又で登ってから疲れが出たのか、両肘と右手手首が我慢できないほど痛くなってきたので、クライミングはお休みしていました。
両肘の痛みはもうクライミングを続ける限りずっと付き合っていくしかないと思っています。
そして手首は疲れてくると痛みが出てきます。間違いなくTFCC傷害だと思います。
まあ、あちこちガタがきているのはしょうがない。所詮身体は消耗品ですもの。極力大事にしたいものです。

さて、火曜日はPLAY主催のロープクライミングスクールです。
今までで一番暖かかったです。寒いなりに春を感じます。
寒いからだと思いますが、秋と違って少人数スクールとなっています(笑)
来週からはぼちぼちロープワーク中心からクライミング中心にシフトしていきたいなと思います。
来週も暖かいといいな。


c0210618_00034144.jpg
2月のスクールの予定をアップしています!

by kaitin-yusei | 2016-02-10 23:06 | クライミングスクール


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

スポートクライミング
トラッドクライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(178)
(136)
(58)
(50)
(46)
(38)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

Nabisco Wall
at 2017-11-06 06:36
The Rostrum
at 2017-11-04 10:29
ヨセミテに来ています。
at 2017-10-28 09:42
登攀塾(10月20日、25日)
at 2017-10-25 23:11
インドアクライミング講習(1..
at 2017-10-24 23:59
初めてのベースキャンプ
at 2017-10-23 23:34
【PLAY】ロープクライミン..
at 2017-10-18 00:33
カサメリ沢(10月10日)
at 2017-10-10 23:02
【PLAY】ロープクライミン..
at 2017-10-06 18:16
インドアクライミング講習@パ..
at 2017-10-05 23:20

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索