<   2015年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

湯河原幕岩講習(11月29日)

29日湯河原幕岩行ってきました。
ようやく寒くなり冬らしい季節となりましたが、ここ湯河原は過ごしやすい気温でした。
桃源郷周辺は大混雑するほどの盛況ぶりでしたが、我々も大所帯。お陰さまで満員御礼でした!

空いているルートにお邪魔させてもらい登りました。いんちきするな(5.8)と蟻さんルート(5.8)でアップ。さすがに「伊豆の踊子」周辺や「サンセット」周辺はどのルートも隙間なく登られていたので、少々離れたアブラカタブラ(5.10a)をみんなで登りました。
c0210618_22562277.jpg
c0210618_22573801.jpg


c0210618_23201353.jpg

後半戦は「帰還兵(5.10c)」とおたまじゃくし(5.7)を登り、終了となりました。
岩場にいると時間の過ぎるのがあっという間ですが、今回も多分に漏れずあっという間に時間が過ぎて行きました。

みなさんやる気が十分なので、私もクライミングを頑張ろうと奮起させられます。今回は私のスクールにしてはいつになくレベルの高いルートに挑戦したように思います。
帰還兵の左側には私の宿題となっている「スードラON攀(5.13a)」があり、また登りたいなあと思いました。
冬のシーズンは、何度か来ることになるでしょう。
素晴らしい一日でした。
c0210618_23201495.jpg


ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ




by kaitin-yusei | 2015-11-30 23:18 | ちゃおべん丸スクール

二子山 唐獅子牡丹(5.13b) 十日目

金曜日、体育会系軍団の方々に混ぜていただき二子へ。
二子に到着すると、強い寒気が日本列島をおおった影響で、非常に風が強く寒かった。
ホテル二子の上部が濡れていて、ツララが垂れていた。そして溶けてくると爆弾を降らせていた。

今回は私としては早く到着したものの、いつもと違い寒いので十分に太陽が当たりだしてから、本日一回目唐獅子牡丹を登る。
指がかじかんでしまい、核心で落ちてしまう。ちょっと休憩してから核心手前から再び登る。
1テンで終了点まで。

2時ころ、二回目。
核心は安定して通過する。レストは出来ているが、しかし指先の感覚がなくなっていた。それでも前進する。私のムーブでの、任侠の合流部分で力尽きてしまった。本当に、指から滑り落ちるようにはがされた。
2テンで終了点まで。腕がパンプしきった状態での任侠上部のクライミングは、全く別世界のそれであると思う。

今回も唐獅子を登ることは出来なかった。
通いで目標ルートに挑戦するというのは、シーズン中ずっと体調を整えなければならないし、集中力を維持し続けることも大変だ。
また、間が少しあくと、無意識のうちにやっている微妙な重心移動なども忘れてしまう。
それが通いの難しいところであるのかな。

ひたすら同じルートを登り続ける人は本当にすごいと思うが、それが私には厳しい部分である。
すでに唐獅子に対して少々うんざりしている自分がある。
一旦他のルートを登ってからこのルートに戻ってきても遅くはない。
それでも、あと一回。あと一回だけこのルート、唐獅子牡丹のために二子山へ行こうと思う。
それで一旦二子通いはおしまいかな。

昨日の二子は体育会軍団の方々のガッツに励まされました(笑)また、色々な知り合いの方々にあえて良かった。

21回目・・・1テン
22回目・・・最高到達点に達する。(任侠合流ホールド両手持ち)2テン
c0210618_16274845.jpg


クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-11-28 16:26 | スポートクライミング

インドア講習@PLAY(11月24日)

近頃は晴れたり雨降ったりする天気が続いていますが、昨日は昭島のPLAYで私のスクールを行いました。

太陽が出ていると暑く感じることもありましたが、日の入り後はいつもの様に風が出てくるようになり、急に寒く感じるようになります。昨日は北風がふいていたようですが、真冬はあのような風が一日中ふくのでしょうか。
念のため持ってきた冬のジャケットが大活躍でした。

c0210618_15561846.jpg


やっぱり、前傾壁でリード出来るというとは楽しいと思います。出来れば終了点まで登れればよいのでしょうが、現在のルートでは、まず中間部までのルートで頑張るしかなさそうです。前向きに考えれば未来の栄光のため下積みを重ねるという意味があるのかも??(笑)

c0210618_15561825.jpg


夜は、助手の到着を待って新ルートを登りこみました。
疑惑の13a/bを登ってみましたが、確かに5.13は確実にあるようです。かなり難しかった。
黄色の5.12aは登りやすかったけれど、5.11台前半はグレード辛めなルートもありました。

ボルダーで〆。
バルジの2級を一つ登ることが出来ました。ボルダーも適度にやっておかないといけないなあと。
右手中指の腱鞘のケガはほぼ治ったようです。8ヶ月くらいかかったことになるけれど、指のケガを治すのに年々時間がかかっているような気がするので、ケガしないように気をつけたいと思います。

ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

登攀塾(11月18日)

ちょっと遅くなりましたが、18日は毎週行っているスクールである登攀塾でした。

前回メインウォールの「タテタテ(5.11a)」を挑戦して完登出来なかったM君とT君は、今回そろって完登することが出来ました。
二人は、これからはメインウォールや奥壁の11台をやっていきたいと思います。それに慣れてくればシャッターサイドの11後半台のルートにも対応出来ると考えています。
c0210618_11064234.jpg

A君とK君はそれぞれ違うルートですが、垂壁の5.11aを登っています。まだ二人とも完登していませんが、11台に挑戦するようになったことは喜ばしい。
H君はコーナーバックの10dが3回登って、出来ませんでした。H君は持久力を鍛えればより登れるようになる気がします。彼は今後持久力トレをやっていこうかなと思っています。
Tsu君はようやく垂壁の10cを登りました。フラッキングの練習の成果が出たようです。

トップロープで登っている中学生の二人、M君は10dを、I君は10cを取り組んでいます。
c0210618_11062479.jpg
つい最近もテストだったような気がしますが、再びテストが近付いてきたので、今週からお休みです。
みんな安定した実力がついてきたところですが、次回まで大分空いてしまうのが残念です。それまで各自出来る範囲で自主トレに励んでほしいと思います。


ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ


by kaitin-yusei | 2015-11-23 23:49 | ちゃおべん丸スクール

リードクライミング講習@PLAY

今日は昭島のクライミングジムPLAYでリードクライミングスクールを行いました。
素晴らしい秋晴れのなか行うことが出来ました。

みなさんすでにトップロープでルートを登りこんでいて、ロープクライミングに非常に意欲的な方々でした。
次回はスケジュールの関係で12月1日となってしまいますが、もうすでに楽しみですね!
しかし、12月の昭島は寒そうだ・・・。防寒対策は岩場なみに(笑)

c0210618_22182067.jpg


ふと空を見上げると、素晴らしい夕日でした。
c0210618_22182037.jpg

ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ



by kaitin-yusei | 2015-11-21 22:28 | ちゃおべん丸スクール

城ヶ崎クラック講習 ファミリークラックエリア

今季初めての城ヶ崎に行ってきました。
車で城ヶ崎に向かう途中で雨が降ってきて、岩場に着く頃には本降りの雨の模様に。とりあえず、折角来たのでダメならだめで、岩場だけでも拝んで帰りたい。

ファミリークラックエリアに向かうと、大所帯のパーティーが登っていました。
雨降っているのにすごいパーティーだなあ(人のこと言えませんが)と思っていると、Tommyインストラクターのパーティーでした。

c0210618_00060691.jpg

雨宿りしながらテーピングを手に巻いたりジャミングの仕方を確認し、実際にクラックに手や足を入れてジャミングをしてみました。
そうこうしている内にいつの間にか雨は上がり、しかも晴れてきました!
c0210618_00052376.jpg

素晴らしい天気となり、城ヶ崎らしい穏やかな雰囲気のなか登ることが出来ました。
こんなに雨が降るとは思いませんでしたが、これ程晴れるとも思っていませんでした。
何ともツンデレな(?)天気でした。
c0210618_00041367.jpg
c0210618_00045217.jpg

c0210618_00094937.jpg

今回はジャミングの仕方中心となってしまいましたが、次回はカムの使い方もやれたらいいなあと思います。
今日も楽しいクライミングが出来ました。

by kaitin-yusei | 2015-11-20 23:36 | ちゃおべん丸スクール

二子山 唐獅子牡丹(5.13b) 九日目

久しぶりに舎弟のヤギを伴って二子山へ。

春のシーズンの時は、ヤギを連れてきた時が一番状態が良かったように思ったので、今回もいいかな?と期待して弓状へ。
しかし、任侠上部が滝となっていた・・・。もしやタンクが溢れたのか・・・?と愕然としたが、さらに上から水が流れているだけのようだ。
他の、コルネの染み出しもない。
今日は唐獅子やるまいか・・。と思っていたが、よくみると濡れているホールドは私の使うものだと二つだけだったので、レッドポイントを意識して登ってみることにした。

一便目(19回目)
下部で足をすべらせて落ちてしまった。最近妙にホールドが滑るような気がする。
そこから再開して核心も越えることが出来た。しかし、びしょ濡れのホールドですべり、落ちてしまう。
その次もまた滑らせてしまい落ちてしまう。さらにその次で終了点へ。
このトライでさらに効率のよい、省エネ登攀につながる動きを発見出来た。

二便目(20回目)
下から繋げて核心を越えることが出来た。任侠への合流地点で力尽きてしまう。一休みしてもう一度。今度は濡れているホールドを注意して、無事通過する。が、そのあとで足を滑らせてしまい、不意落ち。かなり長い距離を墜落してしまった。
任侠上部で落ちたことがなかったので、ロングフォールしたことよりも、それがショックだった。

今回は前回より進展があり、より完登に近くなったのではないかと思うが、あとは天気待ち状態なのではないかと思う。
今度は岩場に行けて一週間後となるだろうが、集中力を切らさないように登っていきたいと思う。


c0210618_23035980.jpg

c0210618_23040053.jpg

ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ


by kaitin-yusei | 2015-11-19 23:24 | スポートクライミング

インドア講習@PLAY

17日は昭島のクライミングジム、PLAYでインドア講習を行いました。
ロープ壁のルートが一新されてから初めて来ました。PLAYに来るのも一ヵ月ぶり位になるかも?しれません。

早めに行き、登れるだけ登りましたが、前回のルートより全体的に厳しくなっている感じです。傾斜も強くなりました。
私のようなベテラン系(?)クライマーにはよいかもしれませんが、PLAYでロープを始めたような方には厳しいルートが多いかもしれません。
日を改めて、じっくりとルートを登りたいと思います。

昼間のスクールは時折雨に降られながらも、合間を縫ってロープを行うことが出来ました。
私のスクールでは出来るだけ沢山登って欲しいなあと思っていますが、無理なく行っていきたいと考えています。

本当は夜もスクールを行う予定でしたが、こちらは本降りの雨となり中止に。
最近雨が多いですねえ。とほほ・・・。

ボルダーで自分のトレーニングに励みました。
マンスリーのコッコ、2級位のを何とか登ることが出来ました。最近ボルダーをあまりやっていなかったので、たまにはやらないとですね。
懸案の右手中指も、何度もカチ持ちをしましたが痛くありませんでした。そろそろテーピングを外して登っても大丈夫かな?


写真撮るのを忘れてしまったので、以前の写真です。
c0210618_22350550.jpg
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ


by kaitin-yusei | 2015-11-18 22:33 | ちゃおべん丸スクール

二子山 唐獅子牡丹(5.13b) 八日目

Tウォールの仲間たちとともに二子へ。
駐車場に着くと満車だった。紅葉真っ盛りなので仕方ないが、それにしても平日で満車だったのは初めての経験かもしれない。

少々体調がよくなかったので、入念にアップする。が、すればするほど調子のあまり良くないのが実感できた。
唐獅子牡丹(5.13b)、本日一便目。
核心手前でテンションが入る。少し休憩して核心を登るが落ちてしまう。三回目で核心を通過するが、任侠道の合流地点で再び落ちてしまう。再び休憩してから登り、終了点まで。

二便目。
少し昼寝をすると、少し疲労感が抜けていた。天気はいつの間にか曇り空となっており、ちょうどよい気温となる。
核心は越えられたが、任侠への合流地点で力尽きてしまう。5分くらい休憩してから登ると、終了点まで到達した。
1テン。ようやく、1テンションにすることが出来た。まだ完登にほど遠い1テンかもしれないが・・・。

このルート、5.13bにしては極めて難しいルートだと思う。いままで限界に近いルートはツアー形式で集中して取り組んできた。それが私の性に合っているようだが、今回のように通って限界ルートを登るというのは苦手のようだ。今まであまりやってこなかったせいもあるだろう。
長いスパンで、体調を維持し、良い時もあれば悪い時もある天候・状態を味方につけるというのは思っていたほど簡単ではなかった。

まあ、登れる時というのは私が決めることではなく、「天」が決めることだと思っている。
だから、その時が来るまで、ひたむきに、謙虚に二子に通いたいと思う。
もちろん体調管理も万全にしたい。


唐獅子牡丹(5.13b)  写真提供TAKEMI
c0210618_22562105.jpg
唐獅子牡丹(5.13b)  写真提供TAKEMI
c0210618_22562195.jpg


イナバウアー、TAKEMI
c0210618_22562117.jpg


今週も紅葉はきれいだった。そろそろ二子の紅葉もおしまいかな??
c0210618_22562230.jpg
17回目・・・3テンくらい。
18回目・・・1テン。今回あわよくば、と思っていたが、そう甘くなかった。


by kaitin-yusei | 2015-11-16 23:46 | スポートクライミング

湯河原幕岩講習

金曜日の湯河原幕岩は、ほんの一瞬晴れ間を見ることが出来ましたが、ほとんど曇り空で寒かったです。

平日でしたが、週末のように混み合っていました。しかし、この岩場のよいところは緩く楽しく登れるところだと思っています。
もちろん、修業の岩場で鍛えられるのも好きですが、のんびりとした雰囲気のなか登るのも趣があります。
今回も楽しく登ることが出来、時間の過ぎるのが、あっという間でした。

c0210618_06235118.jpg
c0210618_06215659.jpg


c0210618_06263641.jpg
シンデレラ(5.7)は今回初めて登りましたが、グレードの割りに意外と(?)難しかった。
他にもそういえば登っていないルートいっぱいあるなあと、折を見て登りたいなと思いました。



by kaitin-yusei | 2015-11-14 06:32 | ちゃおべん丸スクール


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

スポートクライミング
クラッククライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(142)
(122)
(44)
(43)
(38)
(31)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

瑞牆山 カンマンボロン(5月..
at 2017-05-25 12:09
【6月】クライミングスクール..
at 2017-05-18 13:01
小川山ボルダー(5月15日)
at 2017-05-16 11:44
小川山講習(5月12日、14日)
at 2017-05-15 09:45
GW小川山合宿(5月5日~7日)
at 2017-05-13 23:14
PLAY ロープクライミング..
at 2017-05-11 21:07
小川山(4月28日)
at 2017-05-01 13:04
PLAY ロープクライミング..
at 2017-04-28 22:47
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04
小川山ボルダー 
at 2017-04-26 22:14

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索