<   2015年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

天王岩講習

今日(30日)は天王岩で講習でした。
生憎の雨天で二回も流れてしまい、ようやく行うことが出来ました!
私が講習を行う日は雨になるという、恐るべきジンクスは打破出来たでしょうか??

今回は下の岩場をメインに登りました。下の岩場はこの季節でもちょっと陰湿(?)な雰囲気ですが、どのルートも面白いと思っています。特に「ノーリー(5.10b/c)」は素晴らしいルートだと思います。5.10aを登れたあとの目標となる好ルートではないでしょうか。
二日前に雨が降ったと思いますが、岩は乾いており快適で素晴らしいクライミングを楽しむことが出来ました!
10月のクライミングを締めくくる、有意義な一日でした。
講習会でも、プライベートでも、11月の岩場シーズンを楽しみたいと思います!
c0210618_20333792.jpg

c0210618_21550803.jpg

11月の講習会の予定をアップしています。ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページをご覧ください。


クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-30 21:07 | ちゃおべん丸スクール

久しぶりの河又

c0210618_20315394.jpg


青春を捧げた岩場を挙げるとしたら、それの一つは河又である。それこそ5.10aを登るのが精一杯だった頃から通った。先輩に連れて来てもらったり、自分たちで電車とバスで乗りついでやってきたり。初めて、そして唯一指をパキったのも河又でだ。楽しい思い出も、辛い思い出も、沢山つまっている。

そんな河又へ久しぶりに行ってきた。一体何年振りだろう?一期一会(5.12d)を登れてから来ていないはずなので、7年ぶりくらいだろうか?登攀禁止になってなおさら行く気は失せてしまっていたから。
ふと、河又に気持ちがゆくようになったのは、今年の春に二子に通っていた時だった。
下道で二子に向かうと河又のある名栗を通るので、通った時なつかしいなあと思ったのだった。
河又に通った日々、それは一途に登ることに励んでいた日々だった。

今日は、そろそろ二子のシーズンが始まるので、石灰岩への慣らしが主たる目的だった。
到着が遅かったので、5.10台のルートを3本、大五郎(5.11a)とドラゴンストリート(5.11d)を登り終了となった。
ドラゴンストリートは以前完登しているが、当然何も覚えていない。プチオンサイトトライ(といっても大五郎を先にトライしていたが)のような気分。ちょっと緊張しすぎていた。一撃したが動きは硬かった。

河又の以前の印象ではつるつるで登りづらいという感じだった。前日雨が降ったにも関わらず染み出しもなく完全な状態。調子も良かったのか終始快適に楽しく登ることが出来た。
もしこのシーズンまた来ることが出来れば、マンモスケイブをやってみたいかなと思うが、河又の状態を見る限りそろそろ二子もシーズンインでしょうか?二子にもそろそろ気持ちを移していきたいと思う。(でも花崗岩もまだ触りたい・・・笑)

c0210618_20315320.jpg

c0210618_20315338.jpg



クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-29 21:12 | スポートクライミング

登攀塾(10月28日)

28日は登攀塾を葛西のクライミングジム・ロックランズで行いました。山岳部に所属している高校生と中学生が参加しています。

今週は久しぶりにほとんどの参加メンバーが揃いました。みんなの様子をみるのは大変ですが、にぎやかで楽しいです。
クライミングをすること自体が久しぶりというメンバーも多かったので、あまり無理をしないようにしました。間が空いてしまうと身体がなまってしまうので、極力空けないようにしたいですが、テストを挟んでしまったので仕方ありません。根気よく続けていきたいと思います。
中学生の二人は、トップロープのロープワークは問題なく出来るようになりました。なので、クライミングの動きの基礎から固めていきたいと思います。垂壁と薄被り壁(コーナーバック)を中心にやっていこうかなと考えています。
高校生は、来月はメインウォールのルートもやっていきたいと思いますが、まだリード始めたばかりの高校生二人は、リードのロープワークの応用編を練習していく予定です。
安全第一で行っていきたいと思います。

c0210618_07205013.jpg



クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-29 08:34 | ちゃおべん丸スクール

瑞牆山 クラック地獄エリア

c0210618_08112139.jpg



26日、瑞牆山のクラック地獄エリアへ行ってきた。瑞牆に多くのクライマーが訪れるようになってしまったが、ようやくここクラック地獄エリアに初めて行くことになった。
でも、はじめて行く岩場は楽しい。アプローチもピクニックしているみたいにうきうきする。

今回はカヌー(5.11b)を目標とした。出来れば、オンサイトしたい。
まずはオリジナルの1P目(5.9)を登り、次に苔ジャム(5.10a)を登る。
そしてカヌーへ。
7月にヨセミテやハイシエラで鍛えられたので、多分落ちないだろうとは思っていた。核心部分は無事通過したが、最後のオフィズスで苦労してしまった。無事オンサイト。
苔ジャムでも最後のオフィズスでハマってしまったこともあり、ワイドクラックがどうも苦手だ。
スラブは一区切りついたので、これからはワイドにも力をいれないといけないと思った。
トレーニングでもう一度カヌーを登り時間となる。

今日で二日経過したが、いまだ股関節付近の筋肉痛がとれない。が、これが何ともたまらない(笑)
そろそろ二子シーズンかな?と思っていたが、まだまだ瑞牆に通うことになりそうだ。

(写真提供TAKEMI)
c0210618_09475375.jpg



クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-28 08:39 | クラッククライミング

登攀塾(10月23日)

23日は葛西ロックランズで行っている、ちゃおべん丸スクール主催の講習会、登攀塾を行いました。
この教室を受けているのは高校生ですが、今回から中学3年生も参加することになりました。
話は少々逸れますが、私の教室には彼らの所属する山岳部の方針で、中学三年から参加してもらうことになっています。彼らで三年目、早いもので私にとって三期生を迎えることになります。
一つの代替わりのようなものですが、彼らとこれからも関わっていけるように、決意を新たにしました。

中学三年生のお二人には、トップロープのロープワークを覚えてもらい、さっそく登ってみました。
5.9を合計4本スムーズに登っていたので、5.10aに挑戦してもらいました。
自分にとって完登出来るか出来ないかくらいのクライミングになると、弱点が顕著になると思っているのですが、彼らはわりとスムーズに登っていたように思います。
来週以降、着実に上達していけるよう、長所短所をよく観察したいと思います。

高校生はテスト明けのクライミングなので、少々鈍っていたようですが、それでも課題のルートへの取り組みを見る限り、よいクライミングをしていたように思います。
これから12月にかけては、着実に、実力向上することを重視したいと思います。

c0210618_22325689.jpg


10月、11月の募集講習会の予定をアップしています。
10月30日(金)天王岩講習実施する予定です。まだ参加者を募集しています。
そのほかの講習会に関してはちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページをご覧ください。
クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-24 22:31 | ちゃおべん丸スクール

はじめてのロープクライミングスクール(振替日)

火曜日、午前中まで小川山で登り、午後昭島へ移動してスクールを行いました。
まずは私のスクール。太陽が出ている間はまだ半袖でいられるくらい暑いですね。
プレイのウォールは南に向いているので、これからはぽかぽか陽気で登れるのでしょうか。
冬が楽しみです(風は強そうですが)。
スクールの時間楽しく過ごしました。

夜は、はじめてのロープクライミングスクールです。振替日を使いまして、今回で6回目となるお二人に参加していただきました。日が沈むと風が吹きだし、肌寒くなります。
リードクライミングにおける落ちる練習を集中して行いました。
傍から見ていたら、きっと下で二人していじめているように見えたかもしれませんが・・・(笑)
折角スクール受けてもらえたので、リードクライミング出来るように「チェック」受けて合格して、これからも楽しんでもらえたら・・・と思いますが、無理して落ちる練習しなくてもよかったかな?とも思いました。でもこれをやらないと・・・と思うし、何とも難しいです。
いずれにせよ、マイペースでいいので、ロープ、続けてほしいかなと思います。

これではじめてのロープクライミングスクールは一区切りつきました。6回というのは長い気もしますが、実際はあっという間でした。今回受けていただいた方々とは、今後プレイで会うことはもちろんあるでしょう。しかし、本当にあっという間、でした。楽しい時間を過ごすことが出来ました。

次回は新年一月に開講する予定です。
ロープクライミングに興味のある方、是非受けてみてください。クライミング観が変わるかも?しれません。
c0210618_00000880.jpg



クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-21 23:29 | ちゃおべん丸スクール

アルピニスト(5.12b)  (10月19日)

中秋の小川山へ行ってきた。
思えば、紅葉の小川山へ来るのはいつぶりであろうか。

中央道下り線は工事車線規制の影響で、平日にも関わらず酷い渋滞だった。廻り目平まで4時間ほどかかる。
予定を変更してスラブ状岩壁へ。ここの岩場に来るのはどうやら8年ぶりらしい。水曜日のシンデレラ(5.11a)を登った記憶しかなかったが、改めて訪れると素晴らしい岩場だと感じた。
今回も水曜日のシンデレラを登る。本当に素晴らしい花崗岩の好ルートだった。

c0210618_00012208.jpg



その後移動して八幡沢左岸スラブへ。
今回こそ「アルピニスト(5.12b)」を登りたい。
今までは、アップがてら「ブラック&ホワイト(5.10b)」を登ってから、アルピニストにヌンチャク掛けをしていた。でも、下から掛けて登るのが楽しいしフェアだと思い、早速アルピニストを登ることにした。
核心はなんと越えることが出来た。そのあとのムーブを忘れてしまっており、落ちてしまう。
ムーブを探るが、どうやったか、なかなか思い出すことが出来ない。
何回も何回も墜落を繰り返し、ようやく思い出すことが出来た。無駄なトライをしてしまったと少々悔んだ。

一時間ほど休憩して二回目のトライ。
このトライでも核心を越えることが出来た。もう絶対に落ちたくない。このルートは典型的なスラブクライミングなので足力全開、そして、全力でへこみを握りつぶした。チョークアップする動作すら墜落の要因となりそうでそれを行う余裕がない。微妙なバランスでのハイステップを慎重にこなし、終了点へ。しっかりと手を離せるところまで登る。
スラブでは5.11もそんなに登っているわけではないので、このルート、初めの頃はトップロープで遊ぶ程度であった。今年の春に登れそうになり、本格的に挑戦することにした。これほど完登に苦労したのは久しぶりかもしれない。満足ゆくクライミングが出来たように思う。
これでスラブとは一区切りついたかなと思ったので、残りの小川山、瑞牆シーズンはクラックに勤しみたいと思う。
c0210618_00012316.jpg
c0210618_00012301.jpg


その後、ロリータJUNKO(5.12a)を見たくなったので、取り付きまでゆく。
アルピニストと比べれば断然ホールドがあるように見えるが、カムのプロテクションを足元にしてマントルを返さなければならないことを考えると、プレッシャーのあるクライミングとなりそうだ。私は以前1ピン目にプリクリップして登ったので、いつかまた登りたい。
c0210618_00204422.jpg


二日目は親指岩周辺で登った。
あまり登る時間はなかったので、小川山レイバックやクレイジージャムを登る。ジャミングが上手くなったのかな?と錯覚するほど、ばっちり吸い込まれるようにジャミングが決まる。非常に状態は良い。
c0210618_00012326.jpg


美しい紅葉のなか、素晴らしいクライミングを楽しめた。
c0210618_00204522.jpg


c0210618_00012469.jpg


クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-20 23:59 | スポートクライミング

Transpire Wall(7月18日),DIke Wall(7月20日)

7月18日 Transpire Wall
Lee Vinigからヨセミテ・トーラミの間には、ショートルートの岩場が点在している(Lee Vining Canyon area)。そのなかの、Tioga Cliffという岩場が一番大きく、5.12台や5.13台の高難度ルートがあるようだ。
そのTioga Cliffから1.4マイルLee Vinigへ下ったところにある、Transpire Wallに行った。
標高が2600mあるので日陰のうちは快適に登れるが、次第に太陽が当ってくると暑くなってくる。
10aから11dまで3本登る。
花崗岩のフェイスルートで、バランシ―なクライミングが楽しめた。

Transpire Wall
c0210618_18474226.jpg


7月20日 Dike Wall
19日、山は何日間か天気が悪いようなので、キャンプ場を移動することにする。タイオガレイクから先日見学にいったマンモスレイクのキャンプ場へ移動する。
タイオガレイクは景色のよいキャンプ場だったが、非常にこじんまりしていてお互いのキャンプサイトが近く、少々騒がしいところだった。マンモスレイクのキャンプ場は町中にあるとはいえ松の木の多い静かなところだ。

20日、マンモスレイクから車で10分。20分程度のアプローチにある岩場Dike Wallにゆく。
縦にきれいなダイクが沢山走っている。
北面のエリアは、短い垂壁のルートが多い。まずはこちらから登る。太陽が移動してきて東面が日陰になると、東面で登る。10cから12aまで登った。
最後に登った東面エリアのルート、「Secret Agent Man(5.12a)」は長く素晴らしい奮闘的なルートだった。先に登った北面の短い5.12aが割と登りやすかったので舐めてかかったら、大変な目に遭いました(笑)しかし、会心のクライミングでオンサイトすることが出来た。
実は花崗岩フェイスの5.12aオンサイトは今回の二本が初めて。
非常に充実したクライミングだった。

Dike Wall
c0210618_18504612.jpg


クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-18 19:00 | アメリカツアー2015

Third Pillar of Dana (7月17日)

湖のすぐそばにあるからか、夜露がひどく、気温も低かったので車のフロントガラスは凍っていた。
タイオガレイクの駐車場まで車で移動し、そこから歩く。トポにアプローチは2~3時間と書いてあるが、ほぼ3時間かかってThird Pillar of Danaの頂上付近に到達する。
c0210618_21331573.jpg

Third Pillar of Danaを登りきると、そのままアプローチしてきた道を通って帰ることが出来る。
問題は取り付きまでの下降路だ。
あとからやってきたパーティーに素直についていけば良かったが、我々が見当つけていた岩稜を降りて見ることにしたが、これが結構悪かった。途中でうまく正規の下降路に合流することが出来たのでよかったが、余計に時間をかけてしまう。下降に一時間もかけてしまった。取り付きまでアプローチにかけた時間は合計で4時間となる。

もう少しでThird Pillar of Dana「レギュラールート(5.10b 5P)」の取り付きだ。下の方に先行パーティーがいる
c0210618_2134156.jpg

ノーマルスタートと、ダイレクトスタートと、二つ取り付きがあるが、1ピッチ多く登ることのできるダイレクトスタートから登ることにした。
1Pと2Pは岩塔が次から次へと重なったかのような形状をしていて、クライミングはそこまで難しくないが、逆にどこでも登れそうな感じがするので、ルートファインディングが求められる。
3Pからすっきりとした岩壁となり、面白くなってくる。核心のピッチを含む後半ピッチは先輩リードだ。
c0210618_21564885.jpg

トポに「分離したフレーク」と書いてあるように、もげたら大惨事となりそうな巨大フレークにジャミングして登ることもあった。4P、5.10cのバリエーションを登ることにしたが、プロテクションは乏しいなかでのスメアリングを駆使する絶妙なレイバックだ。これはリードしなくてよかったと思った。

5P目。上の方にはがれそうなフレークがあるが、これにフィンガージャムを決めて登る。スクイズチムニーとして登ることもできるようだ。
c0210618_21583454.jpg


最終ピッチをリードする先輩。スーパートポ「ハイシエラクライミング」の表紙になっているほど、素晴らしいピッチ。最後にあるので、上から懸垂下降してここだけトライしているずるい人がいた。
トポによると、このルートはシーズン中毎日誰かしらトライされているようだ。この日は例のずるいパーティーも含めると合計3パーティー。アプローチの労力を考えると、すごい人気ルートだと思う。
c0210618_21594836.jpg

c0210618_220194.jpg

最終ピッチを登り終わってひょっこり顔を出すと凄まじい風が吹き荒れていた。
寒いので、そそくさと帰ることにした。
前日のクライミングによる身体の疲労を引きずりながらの登攀だったが、帰幕して終わってみると充実して満足感だけが残った。
また、今回のツアーで絶対に登っておきたいルートの一本だったので、一仕事終えたというホッとした気分だった。

クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-17 13:00 | アメリカツアー2015

パンプ2トレ

c0210618_19514766.jpg

今日は生憎の雨天で仕事が流れてしまったので、久しぶりにパンプ2へ。
我が家から一番近いジムなのにも関わらず、以前よりも足が遠のいてしまっているのは勿体ない限りです。

ほとんど一週間ぶりのクライミングなので入念にアップをし、ツナミの青5.12aをトライ。
無事一撃出来たが、やはり大分消耗してしまった。

次に白5.12cをトライする。
このルートは登りづらいという評判を聞いていたが、トライしてみると結構難しい。
3テンか4テンして終了点へ。ムーブはよく分かりました。
腕が回復してくれないなか2回目。
すでに腕が終わっていた。3テンしたらあきらめようと思ったが、頑張って終了点まで行きたかった。
でも途中で降りることになりました。

久しぶりに腕がパンパンになるということを経験した気がする。
5.12cは登れなかったが、充実したクライミングだった。
c0210618_19514879.jpg


クライミング ブログランキングへ
by kaitin-yusei | 2015-10-16 19:50 | スポートクライミング


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

スポートクライミング
クラッククライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(138)
(118)
(44)
(39)
(38)
(29)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04
小川山ボルダー 
at 2017-04-26 22:14
エクセレントパワー(5.13..
at 2017-04-24 23:54
5月のスクールの予定
at 2017-04-19 23:56
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-18 23:56
聖人岩講習(4月16日)
at 2017-04-17 22:35
天王岩講習(4月10日)
at 2017-04-11 13:36
小川山
at 2017-04-07 23:46
近頃のインドアクライミングス..
at 2017-04-05 16:17
エクセレントパワー(5.13..
at 2017-04-03 18:23

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索