<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

瑞牆山十一面岩末端壁

今日は瑞牆山の十一面岩末端壁を登りにきました。明日は小川山で登ります。

c0210618_2144590.jpg

c0210618_2144533.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-30 20:57 | トラッドクライミング

登攀塾(4月29日)

29日は登攀塾を行いました。葛西のクライミングジム・ロックランズを使わせていただきまして、ほぼ毎週行っている講習です。

前回まで行っていた墜落練習はひと段落し、今回からは通常の練習にうつりました。
取り組んでいるルートは11cから10dまで。少々壁にぶつかっている感はあるものの、多彩なムーブ力を問われるメインウォールや奥壁のルートを取り組んでいるので、辛抱強く登ってほしいと思います。
また彼ら(主に高1)の登り方をみていて思うこと。最初から最後まで同じような力の出し方で登っていますが、ルートは緩急があるもの。ムーブが厳しい時は力を出し、緩やかな時は脱力して可能ならレストをするといった戦術をイメージ出来るようにしてほしいです。
もっとも研究熱心なので人のクライミングも余念なく見ているようです。そういう姿勢は大切にしていきたいですね。

各々の課題となっているルートを取り組んだ後はシャッターサイドのオートビレイでワークアウト。
近頃は登り10d下降10b、登り10c下降10bなどで登らせていますが、結構楽そうに登っていました。最終的には一往復半は出来るようになってほしいかなと思います。
また次回も楽しみです。

c0210618_23273262.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-29 23:26 | クライミングスクール

二子山 唐獅子牡丹(5.13b) 三日目

28日は二子山へ。

岩に太陽の当たらぬ午前中に登るため、早々にアップを済ませて弓状に向かう。
前回と違い明らかに気温が高い。しかし、染み出しは前回よりも減っているようだ。
一回目で核心までノーテンで行くことが出来た。しかし、前回核心のムーブが定まったはずだったが、そのムーブで越えられない。何度か試したが埒が明かないので諦める。

二回目、辛うじて太陽が当たってないといったところ。
手汁でホールドからすっぽぬけて落ちてしまう。チョークアップすら出来ないのはつらい。核心のムーブをもう一度練り直す。ちょっと遠い位置にあるが、しっかりおけるフットホールドに左足をおくと核心ムーブの成功率は高くなることが解った。これが正解ムーブかな?核心を越えてから終了点まで練習することが出来た。
二回登って完全に疲れてしまった。

ようやく全体が繋がったと実感したが、まだまだ完登へはほど遠いと思う。もう暑くてかなわないけれど、やはり前進するとまた来たくなってしまうもの。5月になっても二子また来たいと思います。

6回目・・・核心越えられず。
7回目・・・終了点まで。テンション多数。ムーブは繋がったような気がする。核心のムーブは解明したかも?

c0210618_2125361.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-28 23:24 | スポートクライミング

二子山 唐獅子牡丹(5.13b) 二日目

24日、唐獅子牡丹を登るため二子山へゆく。

祠エリアでアップするが、日蔭になっていたので涼しくよかった。
びしょ濡れだった先日と違い、大分乾いている。日が岩に当たらぬ午前中に一度登る。
核心までノーテンで行きたかったが無理だった。核心までの流れで新たに良いムーブを発見し、そして核心の練習をする。
左足のフットホールドをよく検討ししっかり乗れる粒を発見出来た。これなら右手の持ち方はピンチ持ちするのではなく、ガストンで固めて気合の引きつけで行けそうだ。何度か練習するうちに左手の距離が伸びてきて、ついに止まった!しかし、思っていたより悪いホールドだった。
任侠と合流するところも一通り確認し、終了点まで抜ける。
やはりテン山とはいえ抜けられたというのは嬉しい。全体像を確認出来たことが非常によかった。

二回目は、空気は冷たく乾燥しているとはいえ既に日が当たりぬめってくる。一回目の時にすでに指は消耗していた。核心は越えられなかった。

日が岩に当たらぬ時間帯は涼しくよい状態で登ることが出来た。行く機会があれば、早い時間を狙って唐獅子を挑戦したいと思う。
大きく前進した日であった。

4回目・・・終了点まで テンション多数
5回目・・・核心越えられず。

c0210618_1214177.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-25 12:11 | スポートクライミング

登攀塾(4月22日)

22日は私の主宰する講習会を行いました。毎週指導している高校生向けの講習です。
先週に引き続き墜落の練習をしました。落ちる方も止める方も上手く出来るようになったので、もうこの練習はいいかなと思いました。
新高1のメンバーは11bから10dをトライしているところ。メインウォールのルートをちょっと拙いところはあるものの登れているのは頼もしい限りです。そろそろ彼らの目標の新人大会が近づいているので、大会対策のトレーニングを行いたいと思います。
高3のメンバーも頑張ってほしい。11cを目標にしている二人は早いところトライ出来るようになってほしいかなと思います。

c0210618_1995915.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-23 19:07 | クライミングスクール

二子山 唐獅子牡丹(5.13b)

20日(月)、昼過ぎより雨天の予報でしたが、二子山へ行ってきました。

祠エリアでアップする。本当に久しぶりに来たが、こちらのエリアも素晴らしいと思った。こちらでアップをしてから弓状に行くのを習慣としたい。
話がピーマン(5.10a)、孫御飯(5.10c)、シリアル(5.10d)でアップしたのち弓状へ行く。
すると、染み出しているルートが多く任侠道に至っては取り付くのも憚れるほどだ。濡れているのでノースマウンテン日本一を登るのはあきらめる。しかし、唐獅子牡丹(5.13b)は幸いにも濡れていない。このルートをトライすることにする。
唐獅子牡丹を登っている人は身近にも知っているが、みな実力者であるのにかなり苦労したようだ。取り付くまではちょっと緊張した。
結局3回登って核心を突破出来なかった。とりあえず、核心までノーテンで登りたい。二子に行く機会があればトライしていきたいと思う。

3時くらいからぽつぽつ降ってきたが、終日登ることが出来ました。


c0210618_17445633.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-21 17:23 | スポートクライミング

5月の講習会の予定

5月の公募講習会の予定です。

4/30(木)~5/3(日)  小川山講習会
5/10(日)  スポートクライミング講習@湯河原幕岩 
5/24(日)  スポートクライミング講習@湯河原幕岩

5/13(水) 14:00~16:00 インドア講習@葛西ロックランズ
5/20(水) 14:00~16:00 インドア講習@葛西ロックランズ
5/28(木) 14:00~16:00 インドア講習@葛西ロックランズ

GWの小川山講習会はスラブ、フェイス、クラックなどの講習にしたいなと思います。講習内容はご希望に沿って行いたいと思います。
10日と24日の湯河原はフェイスルートの講習会です。 
詳しくはこちら
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ


お問合わせ、ご応募お待ちしております!

c0210618_23552798.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-19 22:31 | クライミングスクール

インドア講習&登攀塾(4月15日)

15日、ロックランズで昼の部と夜の部で講習を行いました。昼の部では私の講習を受けていただいている方の中で最年長の方でしょうか。先月受けていただいた時よりもすいすい登っていました。また宜しくお願い申し上げます。

夜の部は毎週行っている登攀塾です。
メインウォールのオレンジ10dを取り組んでいるメンバーが、前回からこのルートで嵌っています。このルートは概ねガバで構成されていますが、些細なところでテクニックを要します。次回には登ってほしいかなといったところでしょうか。

部長のC君は晴れてシャッターサイドの11dを完登し、これでシャッターサイドのルートは全て登ったことになります。是非次はメインウォールの12aを登って欲しいかなあと思います。

私にとっても充実した一日でした。

c0210618_21563296.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-16 21:55 | クライミングスクール

小川山 イエロークラッシュ(5.12a)

翌金曜は妹岩、マラ岩へ。
カサブランカでアップしたあと、イエロークラッシュを登りたいなあとふと思っていたので登ってみる。およそ8年前にトライしたがまだ登っていなかった。その時は天気が悪く雨が降ってきたがこの日も夕方から雨が降る予報。出来れば早めに片付けたい。
核心のムーブは何となく覚えていたが、それ以外はあまり記憶がない。オンサイトトライ気分で一便目で登りたい。でもテンションが入ってしまう。花崗岩の12aとはいえ一便目で登りたいところだ。核心のムーブは以前と違うやり方で登ることにした。
二便目、問題なく登れるだろうと高をくくっていたら、核心のフットホールドを見失い、しかも違うホールドに置いてしまったので途端に難しい核心となってしまう。何とか登れたけれど力尽きるところだった。

その後、レギュラー、イレギュラーを登り早めに切り上げて帰ることにする。廻り目平には人が少なくのんびりクライミングをすることが出来た。また初日にスラブで遊んだので、フェイスやクラックの細かいフットホールドにもすぐに対応することが出来た。幸先のよい今季初の小川山でありました。

c0210618_0152538.jpg

c0210618_0152643.jpg

by kaitin-yusei | 2015-04-13 23:15 | スポートクライミング

小川山 アルピニスト(5.12b)

春のうららかな陽気が続き小川山、瑞牆に出かけている人もいると聞いていたが、5月くらいから花崗岩触りたいなあと思っていた。それまでは二子に通おうかなと。しかしこの悪天続きで二子の岩の状態は悪かろうと思い、天気が辛うじて良い木金で小川山に登りに行く。しかし、寒の戻りでぽかぽか陽気と言い難い寒さであった。
よく太陽の当たるエリアで登りたいと思い、八幡沢左岸スラブへ。
アップでブラック&ホワイト(5.10b)と、ジャーマンスープレックス(5.10c)を登る。
以前一度だけトライした、アルピニスト(5.12b)を挑戦してみる。さすがに5.12台のスラブとなると、ムーブ解決に時間がかかる。
少々時間がかかったが全てのムーブ解決することが出来た。今回ニ便目のトライでレッドポイントしたかったが、日が陰ってからは急に湿気っぽくなり先程出来たムーブが出来なくなってしまった。
次の機会で完登したいと思う。

小川山のスラブ、なかんづくブラック&ホワイトは是非とも山岳部の後輩に登って欲しいルートだ。素晴らしい開拓精神とスラブの真髄をとくと味わえると思う。
前傾壁での高グレードを追い求めていた現役時代に、私も先輩からこのルートを登るように勧められた。しかし実際に登ったのはOBになってからだったが、ずっと心にひっかかっていた。結構好きなルートです。

翌日金曜日に行ったクライミングは次回報告したいと思います。
c0210618_2252166.jpg

お昼を過ぎる頃には素晴らしい晴天となりました。
by kaitin-yusei | 2015-04-12 23:27 | スポートクライミング


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

スポートクライミング
トラッドクライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(169)
(129)
(55)
(46)
(44)
(36)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

【PLAY】ロープクライミン..
at 2017-09-22 15:24
久しぶりの小川山
at 2017-09-21 23:52
登攀塾(9月20日)
at 2017-09-20 23:31
再始動
at 2017-09-17 23:24
【9月】クライミングスクール..
at 2017-08-29 23:12
【9月】クライミングスクール..
at 2017-08-23 00:34
インドアクライミング講習(7..
at 2017-07-26 13:00
小川山講習 妹岩、兄岩(7月..
at 2017-07-23 00:15
インドアクライミング講習(7..
at 2017-07-20 22:19
小川山 屋根岩二峰 (7月1..
at 2017-07-16 21:36

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索