<   2012年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Josyua Tree③

翌日、Hot Rocks(5.11c)をレッドポイントすることが出来た。
この日はこのRock Hudsonで終日遊ぶことになった。

さらに翌日。The Old WomanのBearded Cabbage(5.10c)というルートが印象深い。
水平クラックをトラバースして、直上クラックを登る。
でも、疲労が溜まってきていたようで、完登することは出来なかった。

c0210618_1012339.jpg



c0210618_1024543.jpg

Bearded Cabbage(5.10c)
by kaitin-yusei | 2012-12-31 09:43 | ジョシュア・ツリー

Josyua Tree②

テン場から周りを眺めると、岩だらけだった。
あえてルート図を見ずに、目について直感的に登りたいと思ったルートをやることにした。
そしてその後に一応グレードを確認をするためトポを見る。

c0210618_223498.jpg

Hands Off(5.8)
このルートはまあまあ良かったかな?
終了点はなく、自分のプロテクションを使ってビレイ点を作る。
そしてパートナーのジュニアさんにフォローしてもらい、この岩の場合は徒歩で下降する。
ジョシュアでは、リード&フォローそして徒歩で下降が一般的だ。徒歩で下降出来ない場合は懸垂点がどこかにある。古典的な文化が根づいている。


この時点で、近くの岩場は大体把握したので、ちょっと遠い岩も見てみることにした。
とある岩を眺めていると、何となく一本の線が下から上まで走っている気がした。
もしや上物か・・・??と思い、確認出来る距離まで歩いてみることにした。
すると、予想以上の素晴らしいクラックが走っていた。チョークがたくさん付いていたので、よく登られていることが窺える。
c0210618_2173424.jpg

Hot Rocks(5.11c)

まわりこんで、岩の上に上がれたので、トップロープをかけて登ることにした。
核心はフィンガーとレイバックの複合ムーブでちょっと難しかった。
日が暮れてもトライし続けた。
by kaitin-yusei | 2012-12-31 01:57 | ジョシュア・ツリー

Josyua Tree①

昔の写真を整理していたら、2010年の春にジョシュア・ツリーに行った時の写真が出てきた。よく考えたら、ちゃんと文章にしていなかったので、ちょっと古い思い出話になってしまうけれど、思い出深いルートを中心に書いていこうと思う。

この年のヨセミテは天気が悪かった。
なかなか満足のいく登攀が出来なかったので、ヨセミテを離れジョシュア・ツリーに向かうことになった。
途中ハイウェイのレストエリアで車中泊をして、翌朝ジョシュアを目指す。
だんだんと、荒涼とした砂漠のような大地が現れてきた。
道路はアメリカの映画やドラマに出てくるような、地平線まで延々続くような直線の道だった。
それに感動したのはほんの最初だけで、何も変化のない景色にうんざりするようになった。

ジョシュアの町で買い出しをして、クライミングショップの水道の蛇口から水を拝借し国立公園内に入る。
一本だけクライミングする時間があったので、テン場にほど近いThe Old Womanという岩場で登ることにした。

5.7+という簡単なルートだが、30mに及ぶ一直線のクラックだ。ルート図には4つ星となっている。
実際登ってみると、ハンドジャムからフィンガージャムまで多彩なジャミングをすることが出来る。
プロテクションも非常にとりやすい。
クラック初心者に最適なルートだなあと思った。勿論、素晴らしいルートだと感じた。


c0210618_135436.jpg

Double Cross(5.7+)
by kaitin-yusei | 2012-12-31 01:11 | ジョシュア・ツリー

華胥の夢

中国から帰国して、まだ総括のようなことを書いてなかったので、ちょっとつれづれながら。

陽朔を出て沿岸に割と近い紹興まで列車で移動。
紹興では、日本でもおなじみの紹興酒をたくさん呑んでやろうと思っていたが、疲れが出てきたのか、今までにない位ひどい下痢と、熱にやられてしまった。
宿で一日中じっとするしかなかった。
空港のある杭州に向かう時にちらっと街並みを見るだけだったが、古い建物が残る、落ち着いたところだった。

今回の岩旅では、老君山、昆明富民、陽朔で登り、それに伴い訪れた都市は、上海、麗江、昆明、桂林、紹興だった。
それぞれ素晴らしいところだったけれど、 やはり一番良かったのは老君山だった。
麗江に向かう飛行機から見た雲南は、山だらけの山岳地帯だった。
麗江から黎明老君山までは、乾いた大地が続き、どこかヨセミテに似た雰囲気を私は感じた。
黎明老君山は、気温差の激しい山岳気候だが、穏やかな天候でずっと晴れていた。
そこに暮らす、日に焼け皆一様に肌が黒い少数民族の人々は、豊かな自然のなかに育ち、穏やかな雰囲気を醸し出していた。

時々、ここでの出来事を思い出す度、私は甘美な思い出に浸る。
それこそが、次の登攀への原動力となるのだ。
これからも、もっともっと登り続けたいと、私は思う。
c0210618_136073.jpg

by kaitin-yusei | 2012-12-30 13:03 | 陽朔

下山しました

昨日ですが、新穂高温泉に下山しました。
二日間の好天を活かして、雲一つない、絶景のなか、槍ヶ岳の山頂を踏むことが出来ました。
詳しい報告は後ほど。
c0210618_1732416.jpg

by kaitin-yusei | 2012-12-29 07:20 | その他

冬山合宿にいってきます

c0210618_13371749.jpg

今日の24日から、来年1月6日(予備日含む)まで、山岳部の合宿に参加します。
ルートは、新穂高温泉〜槍平〜中崎尾根〜槍ヶ岳〜大喰岳西尾根〜槍平です。
久しぶりに冬期に山に入るので、気をつけて行きたいと思います。
このブログをご覧の皆さま、本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

‹橋本明
by kaitin-yusei | 2012-12-24 13:37 | お知らせ

The Thumb Peak

c0210618_2093089.jpg

c0210618_2095328.jpg


陽朔滞在最終日となりました。
そして、中国滞在ももう少し。
懲りずに岩場へ行きました(笑)マルチピッチをやりにThe Thumb Peakへ。

巨大な蝶々がある観光地(モスラが留まっているようにしか見えないけど)の隣にあるので、観光客に見られたり声援をくれたりするが、あまり落ち着いて登れない。
しかし、一つの岩塔を下から上まで登るのは、素晴らしいの一言に尽きる。
こういう素晴らしいルートを登るたび、山岳部の後輩たちに登らせたらきっと理屈抜きで、すごい!と感じてくれるんじゃないかなあと思う。
ヨセミテのマルチなんかも。

傾斜の緩いクライミングではなく、スポートクライミングの連続といった内容で、日本には中々ないクライミングだと思う。
あえていえば城山南壁があてはまると思うが、あれはちょっとルートが多すぎて良さが相殺している気がするし…。
見事に弱点をついていて、初登者のセンスの良さを感じた。


これから、桂林市内へ移動し、紹興行きの列車に乗ります。
また紹興でネット環境があるようでしたら更新したいと思います。
紹興着いたら紹興酒呑みまくる!楽しみ〜。

しかし疲れがでてきて既に眠たい(笑)
by kaitin-yusei | 2012-12-16 20:07 | 陽朔

The White Mountain

寒さを耐え凌ぐ日々から一転、まるで春も深まったような陽気に。
今日はThe Chicken Caveへ。初めて行ってみたけれど、結露が酷くて登れなかった。しかし、ルートは短いがすごい傾斜で面白そうだ。

その後白山へ転進。
こちらは真夏のような暑さだった。。。
ずっと寒冷地使用のカラダになっていたからだと思うけれど、全然対応出来ず登る気が起きない。
沢山クライマーがいて混み合っていたけれど、みんなよく登るなあと思いながら涼んでいた。

ちょっと太陽が傾いてきて、涼しくなってから本格的に登る。
灼熱の時にやったチャイナホワイト(5.12b)は全然登れなかったが、初めてトライした5.12aはオンサイト。
Yangshuo Hotel(5.12b)も再登出来た。
最後に、以前フラッシュしたThe Phoenix(5.12b)でワークアウト。
最初はリードしてあとのトライはトップロープ。計4回。
山岳部の後輩に、いつもエラそうに、ゲロ吐くまで登らねーと強くなれんぞ!!!とか言ってるもんで。。。結局ゲロは吐いてませんがw
あとはもうガシガシ登れるのは最後だから。
The Phoenixは前まで5.12cだったけれど、最新の情報だと5.12bにグレードダウンされたようだ。
前の日記にグレードダウンされるべきと述べたけれど、やはりこのルートは5.12cであって欲しいかなと思う。
それだけ素晴らしいと思う。

たくさん登ることが出来たので、満足することができた。
帰り際、振り返って白山を眺めたが、また来るのはいつになるのかなと思った。
今回主だったエリアの主だったラインは大体登ってしまったので、また来ることがあれば、中国攀(5.14b)をやることになるのかな?
いつかはまた来たいとは思うけれど…。

c0210618_056232.jpg

c0210618_0562594.jpg

by kaitin-yusei | 2012-12-15 23:52 | 陽朔

陽朔ルートガイド-5.8から5.10d-

まず、一つ言っておきたいことがあります。こういう岩場紹介のようなことは柄じゃあありません。
でも、陽朔へたくさんの方に訪れて欲しいと思いました。
なので、私達が登ったエリアなどを紹介したいと思います。是非参考にしてもらえれば。


陽朔では現在39個のエリアがあるらしい。
現在進行形で新たな岩場が開拓されている一方で、既成のルートのエクステンションや派生ルートも新たに誕生しているようだ。
実際よく登られていて、人気のエリアはだいぶ絞られると思うが、桂林特有の岩塔を眺めながらのクライミングは、どのエリアに行っても趣があるだろう。
私が確認した限りでは、下は5.6、上は5.14cまである。
どの層の人が訪れても、きっと素晴らしい思い出となるに違いない。

沢山あるエリアの中で、私が登った、或いは見ただけだけど、面白そうなエリア、ルートを紹介しようと思う。
また、短いルートでも20m、長いルートでは35mあるので、最低でも60mロープ、標準は70mロープという認識でいた方がいい。
また終了点は結び変えがほとんどなので、環つきビナは常備しなければならない。

【5.6から5.9】
Swiss Cheese、Wine Bottleに豊富にある。地元のインストラクターが良く使っているエリア。


c0210618_2046534.jpg

【Swiss Cheese】
Lomito Complito(5.10a)★★★
長いので充実する。支点の間隔は狭くはないので、そこそこ緊張感のあるクライミングが出来る。

Captain Kirk Eats Bruchetta(5.10b)★★★
看板ルート。30m近くあり、長くて奮闘する。




c0210618_20473467.jpg

【Wine Bottle】
The Miracle of Lankou(5.9)★★★
30m近くあり、長いルート。このグレードが限界でリード慣れしていない人は、間隔が広く感じると思うので注意が必要。

Shu Ba Jie(5.10a)★★
Slack(5.10b)★
Opica(5.10c)★
Infernal Affairs(5.10d)★
いつも誰かが取り付いているルート(上記四つ)




c0210618_2047432.jpg

【The Egg】
All the King's Horses(5.9)★
27mある

Rooster Booster(5.10a)★
トポには一つ星となっているが、非常に素晴らしい。長いが時々緊張するムーブがあり飽きない。また露出感もある。総合的な実力を試される。
30mあるので、60mロープ使用時は下降に細心の注意が必要。

Poser's Lonely Reunion(5.10d)★★


【その他の注意点】
Wine Bottleは頻繁に観光客が訪れ、不特定多数の人間が出入りする。荷物の管理はしっかりと。
Swiss Cheeseも荷物の管理はしっかりとした方がよい。
by kaitin-yusei | 2012-12-14 20:35 | 陽朔岩場紹介

Moon Hill

月亮山・Moon Hillは、陽朔の岩場、観光地という尺度でみても、一番素晴らしいのではないか、と思う。
陽朔で登る写真のポスターや動画など、必ずと言っていいほどここの岩場が紹介されている。
しかし現実的には、あまりクライマーは訪れてはいないようだ。

理由としては恐らく、20〜30分ほど山道を歩かなければならないということ。
観光客がくるため、登りづらいということが考えられる。
今日も団体の観光客に囲まれて非常に居づらかった。
不遇の岩場といっていいかもしれない。

昨日一昨日と寒かった環境から一転、暖かく時折晴れ間も見ることが出来た。
アップを済ませ、初見の5.12cをトライする。
カラダのキレが全くなかった…。
何とかオンサイト出来た。
これで目的は済んだけれど、折角なので昨年登ったOver the Moon(5.12c)を登ってみることに。
リードで登り、あとでヌンチャク回収便でトップロープで登る。
全部ガバで12c…。最後のフェイスも、パンプ2のツナミ壁みたいに奮闘的。
こんなルートを登ることが出来て本当に幸せだと思う。
個人的には陽朔のナンバーワンルートに推薦したい。

でもやっぱり…、Moon Hillはたまに行けばいいや。
c0210618_21344968.jpg

c0210618_21345230.jpg

by kaitin-yusei | 2012-12-13 21:29 | 陽朔


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

スポートクライミング
トラッドクライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(142)
(123)
(44)
(44)
(38)
(31)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

ポケットマントル(5.10d)
at 2017-05-28 22:48
瑞牆山 カンマンボロン(5月..
at 2017-05-25 12:09
【6月】クライミングスクール..
at 2017-05-18 13:01
小川山ボルダー(5月15日)
at 2017-05-16 11:44
小川山講習(5月12日、14日)
at 2017-05-15 09:45
GW小川山合宿(5月5日~7日)
at 2017-05-13 23:14
PLAY ロープクライミング..
at 2017-05-11 21:07
小川山(4月28日)
at 2017-05-01 13:04
PLAY ロープクライミング..
at 2017-04-28 22:47
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索