<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小川山・バナナクラック

c0210618_22555963.jpg


今日はバナナクラックを登ることが出来ました。
by kaitin-yusei | 2012-08-28 22:53 | クラッククライミング

小川山に来てます

c0210618_16405263.jpg


東京はまだまだですが、小川山では夏の終わりを感じてます。
by kaitin-yusei | 2012-08-27 16:38 | クラッククライミング

夏山合宿⑤下山と総括

8月12日 真砂沢BC〜室堂


c0210618_20421039.jpg



現役たちは、4時に縦走のため出発していった。
私はもう一眠りしてから…と寝たらすっかり遅くなってしまった。
6時にパッキングを終え出発。
要らない団体装備を貰ったからか、妙に重く感じる。今思えば、まだ風邪を引いていたからだろう。
剣御前小舎の前で休んでいると、隣でカップラーメンを食べてる人がいた。
急にお腹が空いてきて、我慢出来ずに買ってしまった。元気はでてきたけど、ちょっと後悔した。
最後はヘトヘトになってしまったが、13時過ぎに室堂に帰ってきた。

夜まで富山駅にいた。やはりちょっと頭が痛い。
最終の電車に乗って親不知で泊まる。
ずっと来てみたかった親不知は何もないところだった。
朝、海岸まで歩いて行った。
ここから始まる登山があるように、私の登山、登攀もまだまだスタート地点にあるのだ、と思った。


〜総括〜
今回は後輩のお手伝いで来た劔岳でしたが、劔周辺で登り、非常に鍛えられました。
心から、劔岳にきて良かったと思いました。
一つ印象的だったのが、主将のK田の強さでした。もう一皮も二皮も剥けてしまったようです。
やつも、「クライマー」になったのです。今インドにいますが、これからまだまだ強くなれることを考えれば、無事に帰ってくることを切に願うばかりです。

c0210618_20421236.jpg

by kaitin-yusei | 2012-08-18 09:13 | 山岳部な出来事

夏山合宿④源次郎尾根

8月10日 休養

十分に寝られない日が続いたことにより、疲労が溜まっていたので、休養とすることにした。

朝七時、太陽がキャンプ場にあたりだす。そよぐ風は涼しく、快適な朝だ。
何もしない、ゆっくり過ごすための日も、それは良いものだ。(昼間は閉口する位暑いが)
そして、小屋のご主人から、これから三日間は天気が下り坂になるということを聞かされる。
翌日チンネ左稜線に行く予定だったが、昼まで持つという予報を信じ、Oと源次郎尾根に行くことにした。


8月11日 源次郎尾根〜劔岳山頂〜長次郎谷左俣下降

2時起床、3時出発。
4時に源次郎尾根の取り付き着。
流石に天気が悪化する予報だからか、皆出発が早い。
我々は二番手で登り出す。
早いペースで進むことが出来、二峰の懸垂点に着いたのは7時半位。

c0210618_19537100.jpg

これは一峰にて


懸垂点で先行に追いついたので、暫し休憩。
懸垂を終えて、劔岳へ最後の一登り。9時過ぎに山頂へ到着。
やはり、ピークまで登るというのは、何とも言えぬ充足感を味わうことが出来る。
しかし、大衆化されたピークには、正直がっかりすることもある。
頭痛がちょっとひどかった。いつもより強く高度障害がでている。
長次郎谷を下降していても、あまり変わらない。
11時40分頃、BC着。
真砂沢に着いて一段落すると、寒気を感じ、頭がフラフラしていた。
どうやら、風邪を引いてしまったようだった。
by kaitin-yusei | 2012-08-17 19:40 | 山岳部な出来事

夏山合宿③六峰フェース(魚津高、中大)

8月9日 六峰Aフェース 魚津高ルート、中大ルート(敗退)

2時起床。
相変わらず夜は寝られず、朝から疲労を感じていた。
また再び長次郎谷を上がる。
先頭をゆく主将Kの快調なペースのお陰で、割りと早くAフェースに到着することが出来た。

私とIが先行し、後ろから、主将Kともう一人のIが同じ魚津高ルートを登るというシステム。

魚津高ルートは、二ピッチ目が素晴らしかった。岩が硬く、快適なクライミング。しっかりとしたクラックがたくさんあり、カムは非常に有効である。
これが三つ峠にあればね…。それは六峰フェース全般に言えることだが、アプローチが長すぎる。


c0210618_22285417.jpg

魚津高ルート2P目


c0210618_22285555.jpg

3P目。後続のK



懸垂した後、中大ルートに取り付くが、こちらはちょっと難しい。
岩も脆い。
どうやら2Pの終了点まで一気に登ったようだ。ここのビレイ点は一見しっかりとしたリングボルトがあるように見えるが、深くアンカーが入っていない。
登山靴で登る一年生にどかどか落ちられたら困るので、自分が登り終わった段階で懸垂下降することに。

その後は時間が中途半端に余ったので、講習を行った。

一段落ついたところで、帰幕する。
帰ってから、ビールを飲む。
最高にうまかった。
by kaitin-yusei | 2012-08-16 18:23 | 山岳部な出来事

夏山合宿②八ツ峰上半

8月8日 八ツ峰上半〜長次郎谷右俣下降

2時30分起床。
薄っすらと眠れたようだった。身体が筋肉痛。特に太ももがひどかった。

三年のOと、一年のIと私が八ツ峰。他の面子は源次郎尾根だ。
前日の疲れを引きずっているからか、長次郎谷の登りではちょっときつい。
前にも後ろにも人がいっぱいだ。
五六のコルに到着すると、どうやら八ツ峰縦走に行くのは我々だけのようだ。

六峰への登りは三年のOにリードしてもらう。
c0210618_8534287.jpg




その後は快調なペースで進んだ。
遭難者の装備があるところ(八峰手前?)では、後輩たちはドン引きしてたけど…。
あれは、少なくとも6年前からあるザックだが、とうとうザックが壊れて、中にあったシュラフとシュラフカバーが出ている。
この残置物があるところからちょっとルートファインディングに注意で、突き当たりにあるルンゼルートは、以前八ツ峰に来た際に取り付いて失敗したルートだ。なまじ残置があるからややこしい。
今回はちゃんと正解ルートから行けました。

八ツ峰の頭を登り終えると、素晴らしい景色が僕らを迎えてくれました。
c0210618_8534330.jpg





後続の単独行の方に写真をとってもらいました。
c0210618_8534464.jpg



頑張ってここまできたご褒美なのだろうか。
時間にも余裕があったので、ここでのんびりすることにした。


池の谷乗越から長次郎谷への下降はちょっとルーファイが大変だった。
結局完全に雪渓が切れていたので、残置を使って懸垂せざるをえなかった。
雪渓が安定してからは滞りなく下降して、真砂沢BCに到着した。
by kaitin-yusei | 2012-08-15 23:16 | 山岳部な出来事

夏山合宿①室堂〜真砂沢BC

2012年8月6日 東京〜立山駅まで

徹夜明けで、頭がボーとしていた。
朝から凄まじい雷雨で、一本遅らせても間に合うと思い、オリンピックの卓球を見ながら様子をみる。
でも、全く止む様子がなかったので、止む無く土砂降りのなか出発。
折角新幹線と特急を使い、贅沢に富山まで向かったが、勘違いで室堂の最終に間に合わないことに気づく。
こういう時間に余裕のない生活は合わないようだ。
この日は、富山の喧騒を避け、立山駅で夜を過ごすことにする。

8月7日 立山~室堂~真砂沢BC

凄まじい雨で目を覚ます。
ちょっと恐怖を感じる位だった。
室堂は雲が多いものの、専ら晴れていた。
憂鬱な雷鳥沢の登りも、のんびり疲れないように歩いた。
真砂沢キャンプ場が見え、しばらくして現役が私に気づき、手を振ってくれた。
真砂沢に到着すると、現役全員が出迎えてくれました。テントもたててくれました。ありがとう。

夜、寝不足なので、一度深く眠ったが、目を覚ますとなぜかふたたび寝られなかった。
翌日は長次郎谷を上がるので、緊張していたのかもしれない。
余計なことばかり考えるが、答えの出ない物思いに耽るのも好きだ。
生と死について、色々と考えた。
2時30分には起きるのに、23時過ぎまで寝ることはなかった。
c0210618_157137.jpg

by kaitin-yusei | 2012-08-14 01:25

日本海・親不知

c0210618_9501330.jpg

幾多の人々が、ここ日本海まで縦走し、或いはここを起点に縦走した。
私はかつて親不知を訪れたことがなく、いつか見てみたいと思っていた。
昨夜は、親不知で泊まった。
朝は大きなハエに早起きを強いられ、折角なので海岸まで歩いてみることにした。
長閑、というより、寂れた、という表現が的確な所だと思った。
それでも、山から降りてきて日本海が見えてきたら、きっと心に深く残るような、素晴らしい出来事になるのだろうなと感じた。
by kaitin-yusei | 2012-08-13 09:36 | その他

劔の雲海

c0210618_2234264.jpg


八ツ峰の頭から見えました。
by kaitin-yusei | 2012-08-12 23:18 | 夏山縦走


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

スポートクライミング
トラッドクライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(142)
(123)
(44)
(44)
(38)
(31)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

ポケットマントル(5.10d)
at 2017-05-28 22:48
瑞牆山 カンマンボロン(5月..
at 2017-05-25 12:09
【6月】クライミングスクール..
at 2017-05-18 13:01
小川山ボルダー(5月15日)
at 2017-05-16 11:44
小川山講習(5月12日、14日)
at 2017-05-15 09:45
GW小川山合宿(5月5日~7日)
at 2017-05-13 23:14
PLAY ロープクライミング..
at 2017-05-11 21:07
小川山(4月28日)
at 2017-05-01 13:04
PLAY ロープクライミング..
at 2017-04-28 22:47
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索