<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

先ほどの投稿に関して

ゆーちゅーぶでエヴァを見るのは違法行為では?という意見を頂きました。
それ自体は確かに反論のしようがないのは分かります。しかし、ちょっと聞き捨てならぬ部分もあったので、ブログ上にて述べさせてもらう。

エヴァを見る人は倫理観に欠けた人が見るものではありません。
ワタクシは、結構倫理観は一般人よりずれまくっているのは自覚しています。しかし、人に迷惑をかけない様に必要最低限のルールやマナーを守るように最大限実行している。ちょっと話がずれましたが・・・・。
とにかく、その文言に非常にがっくりきた・・・。そりゃ、人間色んなタイプがいるんだから、素晴らしい人もそうじゃない人もエヴァが好きなら見るでしょう。現実問題。そんな問題ではない?

また、ためしにジブリの作品をゆーちゅーぶで検索してみてください。
一つたりとも違法アップロードはでてこないと思う。
他の作品は分からないけれど。。。
なぜかエヴァはアホみたいに動画が出てきます。なぜ著作権側は文句の一つも言わないのかこちらが不思議に思うくらい。
それとテレビで放送されたニュースなどの動画もよくアップされているけれど、あれは違法じゃないの?
ふつーにトップででているけれど。まあ見たことないけどね。

それと、私はアニメ、新劇場版 破も、合法の方法でちゃんと一度、何度も見ています。
新劇場版 破は、劇場で見た。そして、今手元にはレンタルしたDVDがある。(一昨日レンタルしたもの)
もし、あなたが、違法の手段でしか見ていない連中の一味なんだろ??的に思っているのなら、それは誤解です。それだけは理解して欲しいと思う。


あー今日は楽しい出来事がいっぱいあっただけに、ちょっと悲しくなったよ。。。
by kaitin-yusei | 2010-08-31 01:10 | その他

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破

久しぶりの更新なのに、クライミングネタじゃなくてゴメンなさい。

ワタクシ、ハシモトは相も変わらず健康第一にてクライミングに励んでおります。
近頃は、帝王る大岡山に行く途中に出会う、内濠を泳ぐアヒルに心癒される日々です。

さて、最近ゆーちゅーぶにてエヴァンゲリオンを見られることを、某若手最強クライマーのブログを見て気づきましたゆえ、ちょっと見てみたらまた昔の様にハマってしまい、暇があるとエヴァばかり観てしまっておりまする。

色々動画サイトやらを検索すると、日本語だけでなく、ワタクシが見た限りだと英語、スペイン語、フランス語ちっくな言語、よく分からんがポルトガル語??などの吹替版を発見致しました。
あと字幕だけだと中国語の繁体字なども。
エヴァは世界中で愛されているようです。

アニメ版もすごくおもしろいのですが、新劇場版の方もおもしろいです。
正直リメイクといって差し支えない内容ですが、新たな視点でのエヴァの世界観の再構築、最新技術の映像クオリティーには、アニメ版に見慣れた人でも新たな感動があると思います。

特にアニメはネクラで陰湿な心理描写が目立ちますが、新劇場版は良い部分での人間的な描写が目立って、個人的にはすごくよい。
ただ、かなりカットされていて、使徒とネルフの頭脳戦がおもしろいアニメ版の13話が全く出てなかったりして、ちょっと残念。
あと結局明らかにされなかった伏線とかは、新劇場版で明らかにされることを期待したいなあ。

さて、今宵もエヴァの研究に精をだすとするか~。
by kaitin-yusei | 2010-08-30 16:55 | その他

クラック合宿その③  アストロドーム(5.11a)

朝、小川山をでて瑞牆山・十一面岩末端壁に移動。
午前11時ころ岩場着。さすがは南面の岩場、太陽が岩に照りつけ非常に暑い。

調和の幻想1P目(5.9)でアップ。
その後すぐ、YさんとT&T(5.10d)を登る。
このルートを登るのは2回目で何となくムーブを覚えていたが、やっぱりちょっと疲れ気味なのか、ちょっと苦労してしまった。

ちょっと空けてから、アストロドーム(5.11a)をトライした。
このルートは今年の春に一撃で登っているので(初完登はもっと前だけど)、余裕で登れるだろうと思っていたのだけれど、下部のハングでテンション・・・。
太陽の照りつけで汗かいてジャミングの効きが悪かったのもあるが、完全にナメてました!
トライワイト(5.11c)のオンサイトトライをやろうと思っていましたが、アストロドームでテンションがかかっちゃうくらいだから、やめました。

それよりも、このコンディションではあるが、アストロドームを完登することにした。
夕方、気温と日が落ちてくるのを待って、超本気トライ!

下部はちゃんとムーブを思い出したので、無事通過。
その後も非常にひーこらしながらも完登することが出来ました。

クラックにおいて、久しぶりに限界に近い力を出し切ることが出来たので、非常に興奮して帰りの車でも目が冴えて、疲労もほとんど感じなかった。
左足の痛めた箇所もほぼ完治したのもあって、体の調子はどんどん上向きになっている。
怪我はしないように、これからもトレーニングに励んでいきたい。
秋にむけて、クラック技術も高めていきたいと思う。

c0210618_10385174.jpg

by kaitin-yusei | 2010-08-18 10:39 | クラッククライミング

クラック合宿その②  天まで上がれ(5.12a)

夜中まで雨が降っていたようだったが、朝になると気持ちのよい天気に。
乾いていることを祈りながら、混雑をさけて早めに妹岩に行った。

カサブランカ(5.10a)とジャックと豆の木(5.10b/c)をアップで登りました。
カサブランカは、何回登っても慣れません・・・。
いつもヘンな緊張を強いられます。クラック初級者によく登られているわりにはプロテクションよくないし・・・。このルートでは正直落ちたくない。
もうちょっと気持ちよく登りたいもんだ。

ジャクマメも、毎回ムダに奮闘的になってしまってましたが、今回はかなりすらすら登れて楽しかった。


そして親指岩に移動。
他のメンバーはクレイジージャムに血肉を捧げているなか、ぼくは親指岩の地味~な存在「天まで上がれ(5.12a)」をトライ。
c0210618_755182.jpg

出だしが核心。ジャミングは出来ないので観音開きでパワー全開。カムも決めづらく、ロックスの2番1番で固め取り。ムーブを作るのに非常に苦労しました・・・。

核心のあとも油断出来ないフィンガークラックが続き、短いながらも超濃縮されたルートでしびれた。
でも、全ムーブを解決出来たので、次のトライで頂き~♪と意気揚々となった!

一休みし、気温が下がるのを待って本気トライ~。

が、解決したはずの出だしの核心が全く出来なくなっていた・・・。10回くらいやるがヨレる一方だったので、あきらめました。無念なり・・・。

Kさんに借りたメトリウスのアストロナッツが非常にバチ効きでした。
やはりウワサ通り使い勝手がよかった。ぼくもいつか買おうと思う。

この日は、たくさんの知り合いにも会えてよかった。
by kaitin-yusei | 2010-08-17 07:05 | クラッククライミング

クラック合宿その① クレイジージャム(5.10d)

土曜日、別のパーティーと合流し小川山に行ってきました。
早朝まで雨が降っていたのと、小川山に着いてからも断続的に雨が降ってきたので、クラックは厳しいだろうということになって、クジラ岩でボルダリングをすることにしました。

やはり、気温と湿気が高くて、エイハブ船長も全く登ることが出来ませんでした・・・。昨日の疲れが響いていたというのもあるかもしれないけれど・・・。
3時くらいになって、にわか雨が降ってきたのでテントに戻ることにしましたが、すぐにやんだので、せっかくだからクラックをやりに、親指岩にいきました。

久しぶりに「小川山レイバック」を登りました。
想像してたのより、ちょっと難しかったけれど、やはりおもしろいルートだった。
その後、クレイジージャム(5.10d)を登りました。
このルートを登るのはおよそ3年ぶり。そのころはまだクラックはぺーぺーで、ヨセミテに初めて行く直前のころでした。
出だしのレイバックに手こずった印象があったので慎重になりましたが、実際登りだすと想像以上に簡単で拍子抜けしました。

全体的に簡単に感じられて、何だか成長をかんじられたような・・・。しかし、非常に素晴らしいルートだと思う。
ヨセミテにあっても、五つ星は確実のような気がする。
あの威圧感、美しさ・・・。
日本のルートの素晴らしさを確認した日でした。

c0210618_1532242.jpg

小川山レイバック(一手たりともレイバックはしない方がいいと思うけどね)
by kaitin-yusei | 2010-08-16 23:53 | クラッククライミング

岩の殿堂(5.12c)

c0210618_19483719.jpg

再びカンマンボロンに行きました。

前回登れた砂の塔(5.12a)のロングバージョンである、岩の殿堂(5.12c)をトライしに行きました。


まずはスラブの10cでアップしたのですが、まさかの墜落…。

気を取り直してボロンボロン(5.11c)を一撃。トポに書いてある通りわりと岩は安定していました。


その後、本命の岩の殿堂を登る。
砂の塔を登ったあと、ルーフのコーナーにあるクラックをアンダーで持って、トラバース。途切れたところで縦に続いてるクラックに移る。そこからが核心だ。

縦クラックに移るムーブやホールドの向きも悪く、縦クラックも悪いレイバックで非常に疲れた。

1トライ目で何とか終了点まで行けたものの、40メートルという長いルートと、厳しいクライミングで完全にへろへろになってしまい、次のトライでは全く話にならなかったです。
岩の殿堂オリジナル部分は5.12台はあるクラックだと思います。
言い訳をすれば、アンダークラックが染みだしでびしょ濡れだったというのもあるけど…。

最後にRainbow(5.11c)を何とか一撃して締めました。


明日は別のパートナーと合流して小川山に行きます。
by kaitin-yusei | 2010-08-13 19:48 | クラッククライミング

借りぐらしのアリエッティ

昨日も結局帝王る大岡山に行っていた。4連チャン。
さすがに昨日はよれよれで体が重たく感じ、全然登れなかった…。

その後、錦糸町で借りぐらしのアリエッティを見た。
人間から見ると全く他愛ない環境・生活が、小人にとってはまさに冒険にみちている様は、見ていてドキドキ・はらはらした。

クライマーの視点から見てもちょっとおもしろいかも!?

アリエッティの家族は昔の様な親子関係をみているようで、何だか考えさせられた気がする。

非常に面白かったです。
by kaitin-yusei | 2010-08-12 17:42 | その他

大岡山

久しぶりの更新となってしまいました。

最近は3日間ほど鹿島槍ヶ岳の方にいっておりました。
仕事でしたが、初めて後立山方面に行くことが出来ましたので、個人的に大いに楽しんできました。

そしてその後、現役が、おがー山に行っているので、ちょっといこうかと思いましたが、やっぱり止めました 笑


近頃は3連チャンで帝王る大岡山にお邪魔しております。東村山にいったことがないので何ともいえないのだけれど、帝王るのなかで一番楽しめるジムなのではないかなあ。
テープ課題を中心に攻めておりますが、弱点がよく分かってとても勉強になります。
ワタクシは、ポケットが弱点なので、オープンハンドを意識して登っています。
その甲斐あってか、我が家に設置したフィンガーボードに、二本指でぶら下がれるようになりました。

大岡山のテープ課題も一番難しい白テープ以外段々と未登課題が減ってきています。
c0210618_21215815.jpg
c0210618_2122143.jpg

by kaitin-yusei | 2010-08-10 21:23 | ボルダリング

Tウォール大岡山

ちかごろ、韓国映画にハマっているハシモトです。

帝王る大岡山に初めて行ってきました。
歯医者さんちと勘違いしたという情報通り、ある意味帝王るらしからぬ垢抜けたお店でした。

中に入ると、どこかで見たことあるお客さんや、知り合いが結構いました。
登ってみると、どの課題も楽しい!!大量にあるテープ課題でお腹いっぱいでしたよ。
力だけでは登らせてくれない課題が多かった。非常に勉強になると思います。
一生懸命チャリンコこいだ甲斐がありました。

大岡山は自由が丘に近いので、閑静な高級住宅地なのかと思っていましたが、昔ながらの活気のある商店街が印象的な町でした。
みなさん是非Tウォール大岡山店をごひいきに。

写真撮るの忘れたので、こちらにどうぞ。
http://twall.jp/contents/gym/ookayama/
by kaitin-yusei | 2010-08-02 23:51 | ボルダリング

瑞牆山・大ヤスリ岩

翌日、瑞牆山山頂近くの大ヤスリ岩に行ってきました。
この一般道を歩くのは二度目、5年ぶりです。

夢のカリフォルニアはぼくの印象では、1ピッチ目はムーブのレイバックで10c、2ピッチ目はヨセミテのような休めないレイバックで10aという感じがしました。
なかなか素晴らしいルートですが、一つ残念なのがクラックわきにあるボルトラダーの存在。このルートの価値を著しく下げていると思う。ルートの内容がよいだけにかなり気になりました。

ハイピークルートも、特に2ピッチ目のチムニーに打ってあるボルトはないほうが、面白みが増すと思う。
ちょっと奮闘的になるけれども、プロテクションも「とれなくはない」。
3ピッチ目は初心者の人が始めてリードすると非常に好印象だと思うクラックだった。

最後に10dのワイドクラック(厳密にはフィストクラックかもしれませんが・・・)をトライしました。
結局登れなかったけど、これだけをトライしに、頑張ってアプローチする価値はあると思った。

瑞牆山を登る登山客を近くで眺めながらのクライミングとなりましたので、何だかヨセミテと似たような雰囲気の岩場だなあと思っていると、ふとキャンプ4のことを思い出しました。
日本では見慣れない細長いテント、フードボックスを開け閉めする金属音や、真っ赤に燃え上がるたき火・・・。うざいリス・・・はそのときは思い出さなかったけれども。

長いアプローチはハイキングを楽しみながらいけば意外と苦にならず、クラックも楽しくてこれまた再び訪れたいと思いました。

c0210618_13565023.jpg

by kaitin-yusei | 2010-08-01 13:56 | クラッククライミング


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

スポートクライミング
トラッドクライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(142)
(123)
(44)
(44)
(38)
(31)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

ポケットマントル(5.10d)
at 2017-05-28 22:48
瑞牆山 カンマンボロン(5月..
at 2017-05-25 12:09
【6月】クライミングスクール..
at 2017-05-18 13:01
小川山ボルダー(5月15日)
at 2017-05-16 11:44
小川山講習(5月12日、14日)
at 2017-05-15 09:45
GW小川山合宿(5月5日~7日)
at 2017-05-13 23:14
PLAY ロープクライミング..
at 2017-05-11 21:07
小川山(4月28日)
at 2017-05-01 13:04
PLAY ロープクライミング..
at 2017-04-28 22:47
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索