カテゴリ:マルチピッチ( 18 )

大面岩左稜線(10月18日)

今年は小川山には通いましたが、瑞牆山は二度目くらい?
初めて大面岩で登りました。
カンマンボロンに行くのもすごく久しぶりだったので、例のごとく迷ってしまいました。

大面岩左稜線、素晴らしいルートでした。

c0210618_06422258.jpg

c0210618_06422248.jpg

c0210618_10170677.jpg

クリックお願いします!


by kaitin-yusei | 2016-10-18 06:45 | マルチピッチ

小川山 涸沢二峰「正面ルート」

10日は小川山で登りました。
初めての涸沢岩峰群。案の定(?)右往左往しながら涸沢二峰に到着。

c0210618_22083993.jpg
これは・・・!流れ星だ!

c0210618_22113320.jpg
「やっとルート見つけたよ、はよこっち来て」の図

c0210618_22221646.jpg
2ピッチ目のクラック。

c0210618_22102559.jpg
最終ピッチ。見て目以上に素晴らしいクライミングだった。

c0210618_22104912.jpg
最終ピッチを登る。


ルートは想像以上に素晴らしい内容だった。特に1ピッチ目と4ピッチ目が良かった。
ちょっとアプローチが長いのが大変だったけれど、それでも訪れる価値は充分あると思う。
「流れ星」も見られたし、充実した一日となった。


スクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

クリックお願いします!



by kaitin-yusei | 2016-08-12 22:24 | マルチピッチ

三つ峠

今日は山岳部の合宿に参加しました。三つ峠でのクライミングです。
天気予報が段々と良い方向に向かってくれ、結果雨に降られず登ることが出来ました。

新人合宿に引き続き、山岳部現役と登ることが出来たことに加え、大分久しぶりに山行を共にする先輩、後輩と会うことが出来、本当に良かったです。

c0210618_23522657.jpg
気が付けば、富士山シーズンが始まろうとしています。何とも懐かしい気持ちになりました。
日が暮れて真っ暗になると、山小屋の灯りが見えました。

c0210618_23522661.jpg
c0210618_23522622.jpg
スクールの予定をアップしています!
ちゃおべん丸クライミングスクール・ホームページ

クリックお願いします!


by kaitin-yusei | 2016-06-25 23:54 | マルチピッチ

小川山 ウスノロマン(5.10d 6P)

GWクライミングツアー、4日目5月2日は八幡岩「ウスノロマン(5.10d 6P)」を登りました。

トポにも書いてある通り、スラブ、フェイス、クラック技術を、それぞれのピッチというより各パートごとで求められて面白かった。
しかも結構奮闘的で、それぞれのピッチで絶対に落ちない位じゃないと大変そうだ。
ボルトは年期の入ったRCCだけれど、グラウンドアップで拓かれた当時の初登者の思いを想像しながら、登ることが出来ました。

どのピッチも個性的で素晴らしいけれども、個人的には2ピッチ目の核心ピッチが一番相性が良かった気がする。

c0210618_06214998.jpg
4P目アカツカ・クラック


c0210618_06224623.jpg
終了点にて、わたし


このルートの核心はむしろアプローチのような気がする。
どうもガレ場が崩落したのか、とても悪い。
それとも他に道があったのかな?
しかし、充実した4日間だった。またすぐにでも花崗岩登りたいね!


クリックお願いします!


by kaitin-yusei | 2016-05-03 23:39 | マルチピッチ

城山南壁

新年初登りは城山・南壁へ。
バトルランナーとエキスカーションを登ってきました。
両ルートとも、山岳部現役時代に途中までしか登っていなかったので、今回初めて終了点まで登ることが出来ました。

正月三が日最終日だからか、岩場にはあまりクライマーはおらず、ぽかぽか日和の穏やかな雰囲気の中でのクライミングでした。

c0210618_22462175.jpg
c0210618_22460060.jpg
c0210618_22470027.jpg
日本のマルチはショートルートの積み重ねのようなルートも少なくありませんが、城山南壁はスッパリ切れ落ちていて露出感のあるクライミングが楽しめると、改めて気付かされました。
もう少し高さがあれば文句なしですが、色々なルートを継続すればよいトレーニングにもなりそうです。


by kaitin-yusei | 2016-01-03 23:14 | マルチピッチ

法政大学体育会山岳部アマダブラム登山隊2014

今年の秋に、ネパールに行くことになりました。
「法政大学体育会山岳部アマダブラム登山隊2014」のメンバーで、合同トレーニングを三つ峠で行いました。

24日土曜日、三つ峠の駐車場は車でいっぱいでした。
岩場にも、たくさんのクライマーで賑わっていました。
c0210618_646520.jpg


最初に「亀ルート」を登る。
実はこのルート、初めて登りました。
名物であるトラバースは素晴らしかった。
その後、「中央カンテ」へ。
このルートは昔に登ったけれど、それから全く登ってない。
改めて登ってみると、硬い岩にクラックが走っており、まさに弱点をついた、大変素晴らしいマルチピッチルートだと思った。
三つ峠の一番美しいラインではあるまいか。
その後は、一般ルート周辺で登り、頂上に抜けて徒歩で下降。
日が暮れるまで登りました。
c0210618_646646.jpg


今回は登山隊結成後の、初めての合同トレーニングでしたが、私の弱点を浮き彫りにしてくれたと思う。
後輩たちをしごくつもり(?)で鼻息を荒くしていたけれど、逆に私の今後の課題に改めて気がつかせてくれた。
今後もトレーニングを頑張りたいと思います。
c0210618_64673.jpg

by kaitin-yusei | 2014-05-25 21:13 | マルチピッチ

久しぶりの三つ峠

ほぼ3年ぶりに、三つ峠に行ってきた。
以前と比べるときれいなハンガーボルトが増えたような気がする。

今回は一般ルートと草溝ルートしか出来なかったが、面白かった。
改めて全体を見渡してみると、沢山クラックが走っている。
ちょっとアルパインチックになってしまうのが難であるが、面白そうなルートもたくさんあった。
また、クラック主体のルートでなくても、カム・ナッツ類は非常に有効であると思う。
現に、山岳部らしい若い子が登りに来ていたが、彼らもカムを使っていた。
ここの岩場も訓練する場として、非常に意義のあるトレーニングが出来ると感じた。

今回やりたくて出来なかったルートも含め、また来たいと思う。


c0210618_22305115.jpg

c0210618_22305237.jpg

c0210618_22305322.jpg

by kaitin-yusei | 2014-05-08 22:47 | マルチピッチ

一ノ倉沢・南稜

もう先週のことですが、現役の合宿に参加し一ノ倉烏帽子沢奥壁・南稜を登りました。

南稜を登るのは三回目ですが、沢山歩きたかったので稜線まで抜けて厳剛新道を下降しました。
今回は先行1パーティー、後続に1パーティーと挟まれてしまったので、やりくりが大変でした。
結局は抜かれて最後尾になりましたが。

一緒に登った現役は大変そうだったけれど、よい経験になったのではないでしょうか。
沢山課題点があったと思うので、自分たちで研究して次に役立てて下さいな。
厳剛新道を下降している時は、すでに酒が飲みたくてしかたがなく、テン場に着いてみると早速ワインをごくごく。あっという間にほろ酔い。
途中から現役に絡みまくってちょっとはじけてしまったか・・・?

最近山を全然登ってなかったので、翌日は非常に疲れてしまって朝下山することにしましたが、とても楽しい山行でした。

c0210618_22575917.jpg


c0210618_22583985.jpg


c0210618_22592715.jpg


c0210618_230196.jpg

by kaitin-yusei | 2013-06-23 22:02 | マルチピッチ

剣岳山行②~チンネ左稜線~

更新を完全に休んでいて申し訳ありません。
これからぼちぼち頑張ります。
とりあえず、先月の、もう一ヶ月前になりますが、剣の話の続きを。

八月八日  晴れ一時雨
長次郎谷を登って三ノ窓を目指す。結構ガスっていた。
熊の岩から、2パーティー程乗越まで詰めているのが確認できた。
c0210618_2262574.jpg



休憩中、後ろを見たら何とも幻想的な風景を見ることができた。
c0210618_227994.jpg



四時間かけて、やっとチンネ左稜線の取り付きまでくることができた。
c0210618_2283844.jpg



が、ソーダ君が2P目をリードしているときに、偵察しにきていた二人組の一人が、スノーブリッジの崩落に巻き込まれ、自力下山が困難な状況になった。
ソーダ君は登攀中だったため、ビレイ点に着いてから状況を説明しようとした。
しかし、声が意外にも遠かったため、しかたなく2P目を私も登り、合流してから状況を説明した。
ともかく救助に向かうべく懸垂下降して、現場に向かった。
我々だけではどうしょうもなく、県警を呼び、一時間後ヘリがやってきた。

すべてが終わる頃、すでにお昼前だったし、登攀意欲も落ちていたので帰幕することにした。

真砂沢のキャンプ場に着いてみると、すでに着いていてもおかしくない源次郎尾根に向かった現役たちが帰ってなかった。
18時まで待機していたが、彼らにはコーチもついているし、今更どだばたしてもどうしょうもないと思い、非常に遅い夕食を作り出す。
19時頃、無事帰ってきた。
まあ反省すべきことは色々あるとは思うけれど、無事で何よりでした。

ほっとすると、急に疲労感が襲ってきた。ソーダ君も一緒のようだ。
今日は色んなことがありすぎた。初めて遭難救助に関わった。あまり役に立たなかったけれど。それでも色々教訓はあった。
明日は成城大ルートに行く予定だったが、ぼくらも現役にあわせ、休養とすることにした。
by kaitin-yusei | 2011-09-05 23:19 | マルチピッチ

つづら岩

行く予定ではなかったのだけれど、水曜日に急遽つづら岩に行ってきました。
メンバーは山岳部の先輩H原さんと、後輩クボタ、とワタクシ。
登攀的にはそこまでトレーニングには成らないのかもしれないけれど、つづら岩へのアプローチは急登続きで、歩きのトレーニングに成りました。クボタは最近アホみたいに山に登りまくってるので、正直ついていくのに精一杯。さすがに山岳部の現役時、あそこまでは体力なかったかも・・・。

岩場に着いてみると、途端に雨が降ってきた・・・。
朝もパラパラ降ってたし、家でじっとしているより、ちょっと歩いただけでもよい時間だったなあと思っていたので、登れないのはしょうがない。と、昼寝を敢行。
ようやく熟睡できると思ったらクボタに起こされる。雨がいつのまにか止んでいた。

最初は濡れていてちょっと嫌らしかったが、天気はどんどん回復してきて、岩もすぐに乾いてきた。
c0210618_023384.jpg

クボタは3回、H原さんは1回リードし、ワタクシも1回だけリードさせてもらった。
ワタクシは顕著な右上クラックが走っているルートを登ってみた。
ちょっと前に頂いたヘキセントリック(厳密にはロクセントリックの方だけど)を使ってみた。

正直セットに慣れが必要かつ時間がちょっとかかるなあ。
確かに軽いけれど、ナッツと同じくビレイ点には使えるかな??って感じでした。
やはりカムの便利さには到底かなわないような気がする(当たり前か)。
ビレイ点用に使うにしても、リンクカムの方が使い勝手がよいって考えも出来るし。
あとはトライカムとかあるしなあ。
でもよい勉強にはなりました。ナッツと同様、どういう状況下で使えるか、よく研究する価値はあるかな~。
下山もクボタの怒涛のスピードに必死についていって、最後は足がピヨピヨいってた・・・。

下山後は秋川駅前にある東急ストア(だっけ?)内にある寿司屋で少し早い晩飯。
c0210618_0322162.jpg

このクボタの笑顔が表しているようにうまい寿司屋だった。
H原さん、ありがとうございました。

よいトレーニングになったぜ!
by kaitin-yusei | 2011-07-28 00:11 | マルチピッチ


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

スポートクライミング
クラッククライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(142)
(122)
(44)
(43)
(38)
(31)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

瑞牆山 カンマンボロン(5月..
at 2017-05-25 12:09
【6月】クライミングスクール..
at 2017-05-18 13:01
小川山ボルダー(5月15日)
at 2017-05-16 11:44
小川山講習(5月12日、14日)
at 2017-05-15 09:45
GW小川山合宿(5月5日~7日)
at 2017-05-13 23:14
PLAY ロープクライミング..
at 2017-05-11 21:07
小川山(4月28日)
at 2017-05-01 13:04
PLAY ロープクライミング..
at 2017-04-28 22:47
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04
小川山ボルダー 
at 2017-04-26 22:14

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索