カテゴリ:ハイキング( 7 )

霧ヶ峰

霧ヶ峰・車山に登りに行ってきました。
c0210618_23535774.jpg
c0210618_23553745.jpg
この美しい高原を車で走らせていると、ふとヨセミテに向かう120号線を思い出す。

諏訪から霧ヶ峰に向かっている時に、以前も通った覚えがあるなあと思ったら、桑原城址を見に行った時に通った道だった。
最近の新しい楽しみは、城址を訪れるというもの。
小諸城、宇和島城と続き、桑原城はかなりマイナーな城で何もなかったのですが、本丸からは諏訪湖を眼下にする素晴らしい景色でした。
次はどこに行こうか(山ではなく城で)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリックお願いします!



by kaitin-yusei | 2017-06-12 23:51 | ハイキング

北八ヶ岳 天狗岳

11月11日、北八ヶ岳の天狗岳に行ってきました。
北八ヶ岳自体行くのが初めてでした。(南の方はよくお世話になりました。)


東天狗の山頂
c0210618_22223624.jpg


西天狗へ
c0210618_22262947.jpg

西天狗から見た東天狗方面
c0210618_22290045.jpg

遠く北アルプスの山々も見ることが出来ました。
c0210618_22301784.jpg





by kaitin-yusei | 2015-11-11 22:40 | ハイキング

馬返しより富士山

先週の事になりますが、今年になって初めて富士山に登ってきました。

朝9時に到着するが、ちょっと一眠り…のはずが気がつけば昼前。本降りのなか馬返しより登る。
富士登山競走前だからか、この天気なのに走っている人がいる。下山してくる人はほとんどが外人だった。
私の足取りは非常に重い。
六合目星観荘をぬけ開けてきたところで下山してしまおうかと思ったが、もう少し頑張ろうと、ソフトシェルを雨具の下に着込んで再び歩く。

八合目太子館までは行きたかったが、時間が厳しくなり、何より体力的に厳しくなってきた。
昨年秋の高度順応も完全に無くなっているのも実感した。
結局七合目東洋館で諦めることにした。
雨天の最中であるが、悪天候の登山こそ得られる教訓が貴重だ。ウェアの性能や着る服の選び方で不快ななかでも極力快適性を得る方法や、状況判断など、実際に経験してみないと得られないことがたくさんあると思う。もちろん無理は良くないと思いますが。

スバルラインの方と別れ、馬返しまで続く登山口は富士山の歴史そのものだと思う。
かつて富士山を登りに来ていた人々が、泊まったり休憩したという、今では崩れたり崩れかけたりしている建物を、立ち止まって眺める。
昨年は何度も通った道だが、今回改めて素晴らしい登山道だなと思った。

下山してからは、吉田のモンベルに行って、食事を済ませてから帰宅の途についた。


c0210618_18402169.jpg

この写真は昨年のです…。
by kaitin-yusei | 2015-06-25 18:09 | ハイキング

金峰山

瑞牆山、廻り目平で登り、三日目は気分転換でかつて登ったことのない金峰山へハイキング。
ハイカーは沢山いましたが、標高を上げてくると残雪がしっかりありました。我々は軽装過ぎたか・・・、ちょっと反省。金峰山小屋からは開けてきて素晴らしい展望でした。

下山してからクライミングしようとたくらんでいたが、やはり疲れてしまったので早々にビール飲んで登るのはやめた。もうちょっと若いころは間違いなく登っていたのでしょうが・・・。分別がついたのか歳をとったのか、分からぬものです。
連休が始まり廻り目平にもキャンパーが多く集う。たき火の爆ぜる音、美味しそうな香りがすると、何だか懐かしさを感じる。ヨセミテにいるような気がした。

翌3日、滞在四日目。当初は登る予定だったが、登らず帰りたくなったので撤収して帰宅した。
せっかく瑞牆山や廻り目平に来たのに少々登り足りないような気もするが、ちょっと欲張りすぎたかな?しかし、「アルピニスト」は登っておきたかったかなあ。もう暑くて無理かもしれない。
そろそろ二子通いは終わらせて、本格的に花崗岩を登りたいと思う。

c0210618_645622.jpg

by kaitin-yusei | 2015-05-04 06:47 | ハイキング

富士山 御殿場口

ちょっと前の話になりますが、7月14日に御殿場口より富士山に登ってきました。

夜も深まってから出発。
御殿場で車を走らせ、ふと富士山を眺めると灯りがぽつんぽつんと輝いていた。
富士山は山ではなく、町になっていた。
2時近くになってようやく新五合目の駐車場に着く。
一応5時に目覚ましをセットしたが連日の疲労も重なったせいか、ちょっと目を開いただけで再び眠りについてしまった。赤く染まった日の出を一瞬だけ見た気がした。

ようやく7時ころに起きる決心がついた。
なんやかんやで出発は40分ころ。
御殿場からの富士山は雄大で美しい。眺めるのなら吉田から。登るなら御殿場からであろうか。
7合目くらいまでは穏やかな天気だったが、9合目あたりになると爆風が吹き荒れていた。ギリギリ歩ける程度。
降りようかなとも思ったが、良く見ると歩いている人を何組か見かけて、歩き続けることにする。
やっぱり息苦しくなったけれど、お鉢まで着けた。13時40分。6時間もかけてしまった。

剣ヶ峰は今後幾らでも行けるからいいやと諦めて下降する。
大砂走りを駆け下りて、16時ころに新五合目駐車場に着いた。

8000m峰を幾つも登頂した先輩は、新五合からお鉢まで3時間を切るスピードで駆け上がっていたらしい。
そこまで及ばずとも、可能な限り体力作りをやりたいと思う。

c0210618_21423478.jpg

by kaitin-yusei | 2014-07-20 21:41 | ハイキング

塔ノ岳 大倉尾根

久しぶりの更新となってしまいました。
昨日7月9日は大倉尾根より塔ノ岳に行って参りました。

諸事情により出発はお昼に。高速を飛ばして13時40分頃に大倉に到着。登り出すと下山してくる登山者とすれ違い、何とも場違いな感じである。
実は丹沢はあまり登ってなく、ピーク踏んでいるのは確か大山くらい。あとは源次郎沢も登っているが、その時は山頂には行ってなかった。

時折霧雨になるが、概ね雨には降られなく、風も弱かった。視界はなく展望はなし。二回休憩を挟んで塔ノ岳の山頂に到着した。
2時間20分ほど。
すぐに下山を開始して、2時間で再び大倉に着いた。
次回来ることがあれば、休憩は一回くらいで登りきってしまいたい。もっと精進したいと思います。
c0210618_1823116.jpg

c0210618_18231471.jpg

by kaitin-yusei | 2014-07-10 18:07 | ハイキング

夜叉神峠

c0210618_0323452.jpg



昨日は、夜叉神峠に行っていました。
ここから見る、白峰三山は心を揺さぶるものがありました。

山岳部現役三年生の時、3月に夜叉神峠から鳳凰三山をゆき、甲斐駒を経て鋸岳に縦走する計画を立てました。
しかし、ぼくだけ行かないことになり、後輩だけで行くことになりました。

実は南アルプスには一回しか行ったことがありません。
鳳凰三山や、北岳にも登ったことがない・・・。

ぼくのなかでは、南ア全山縦走がいつも憧れとなって、心のどこかにくすぶっているのです。

 
by kaitin-yusei | 2010-05-07 23:32 | ハイキング


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

スポートクライミング
トラッドクライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(169)
(129)
(55)
(46)
(44)
(36)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

【PLAY】ロープクライミン..
at 2017-09-22 15:24
久しぶりの小川山
at 2017-09-21 23:52
登攀塾(9月20日)
at 2017-09-20 23:31
再始動
at 2017-09-17 23:24
【9月】クライミングスクール..
at 2017-08-29 23:12
【9月】クライミングスクール..
at 2017-08-23 00:34
インドアクライミング講習(7..
at 2017-07-26 13:00
小川山講習 妹岩、兄岩(7月..
at 2017-07-23 00:15
インドアクライミング講習(7..
at 2017-07-20 22:19
小川山 屋根岩二峰 (7月1..
at 2017-07-16 21:36

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索