カテゴリ:山の道具( 4 )

目出帽

最近は、専らまじめに大学生をしているちゃおべん丸です。
よく、ちゃおべん丸くんは大学生なの!?と言われますが、ワタクシ、みん・ちゃおべんはれっきとした大学生です。
まあ、それだけ大人びて見えるということでしょうか???願いがかなうなら、高校生あたりに戻りたいです。精神はそのままで。そして、同級生の女の子にちょっかい出しまくるのだ!!!


さて、今日は帝王る江戸川橋に行って参りました。
いわ店長の課題、4級にあえなく撃沈w  なんとか4、5級をやっつけてきました。
大分、登攀の感覚が戻ってきた感じがします。クライミングっておもしろいですね。へたくそ時代に逆戻りするのもまた一興。


話は全く変わって、一昨日くらいのこと、我が家のなかに見慣れない目出帽がありました。
よく見ると、なんと昔現役時代に使っていた目出帽だったのです。
卒部したあと、北九州のとある岩場でボルダリングしていたときに無くしたと思っていたものでした。
どうやら九州の家にあったようだ。母がわざわざお米と一緒に送ってくれた様。
この目出帽はぼくが一年のころ、富士山合宿から使っているものだ。
当時の法政大学山岳部は先輩がたくさんいて、楽しいものでした。
特に、当時の4年生はみんな仲がよく、一人一人個性が際立ってましたが、うらやましい限りでした。
法政山岳部最後(にならないかもしれないけれど)の厳冬の剣岳経験者だけあって、冬山に非常に強いメンバーだった。
今思えば、もっと冬山の技術を学んでおけばよかったと何度も後悔したりしています。

なくしたとき、かなり後悔したものですが、今再び2年ぶりにぼくの手に戻ってきたのは、何か意味があるのかなあと思ったりしています。


法政大学山岳部に入ってよかったと思ったり、思わなかったり。でも、どこの所属??みたいに聞かれたとき、堂々と法政大学山岳部といえる。
近頃、ちゃんと恩返しをせねばと思う、ちゃおべん丸でした。ちゃんちゃん。
by kaitin-yusei | 2011-01-20 23:11 | 山の道具

X-RAY

今日は久しぶりにファイブ・テンのクライミングシューズ、X-RAYで登ってみた。

c0210618_22442864.jpg



初心者用で、特に当たり障りのないシューズだし、木型がモカシムと変わらないので、きっとそこそこ登りやすいんだろうと思ったら、全く持って登りづらかった。

モカシム・オンサイトのような足裏感覚はなし。ヒールも全然使えない。

本当に、最初のシューズにどうぞって感じのようだ。

何で昔はこのシューズで頑張ってたんだろ~?

デジタルモザイク(5.13a)や、登れてないけど鳳来のバーニス(5.13a)は、X-RAYで登っていたなあ~。

すげえや。
by kaitin-yusei | 2010-02-06 22:54 | 山の道具

カラファテ

夕方頃、目白にある山道具屋のカラファテに行ってきた。
特に買うものがあったわけではないが、ちょっと気になっていたクライミングシューズがあったので、それを見に行った。

ファイブ・テンがだしている、コパーヘッドというシューズがあるのですが、このシューズ、売れこみがクラック用なのです。
c0210618_23535854.jpg



試し履きしてみたのですが、固いこと固いこと。ハンドクラックにはよいのかもしれませんが、フィンガークラックには厳しそう。
ぼくは普段クラックにはオンサイトという、モカシムというシューズと同じ系統の靴を使っています。この靴も最初は固いのですが、段々伸びてきていいあんばいになってくる。

コパーヘッドも伸びるのかなあ?X-RAY並に固いけど、立ち込みには使えそうではあるが。オンサイトは伸びてくるとクラックには使い勝手が良くなるのですが、細かいフットホールドには立ちこめなくなるのです。だから、この両方に使えるシューズが、欲しいのです。って、欲張りすぎでしょうか??
by kaitin-yusei | 2009-12-07 23:05 | 山の道具

キャメロットとリンクカム

今日は、カムの点検をしました。

ぼくの手元には自分のもの、もらいものなどを合わせると結構な数のカムがあります。


c0210618_1272923.jpg

この五つのキャメロットは、成人祝いでもらったお金で買った、一番最初に手に入れたカムです。
城ヶ崎で初めて使って以来、色んな岩場で使ったので、今ではかなり年季が入っています。
特に一番右側にある三番(青)は、二度も回収不能にしてしまいハンマーでたたいて強制回収したり、ナッツを回収する際のハンマー代わりにしていたので、ボロボロと言ってもいいですがその傷でさえ今では良い思い出ともいえます。
きれいなカムを見るとちょっとうらやましくなったりもしますが、私のキャメロットもそれはそれで愛着が湧いているのでこれからも大切に使っていこうと思います。


そして、最近買ったカムなんですが、ヨセミテで購入したリンクカム(#0.75)です。
c0210618_142554.jpg

↑墜落に耐えうる最大幅の状態に絞ったリンクカム


c0210618_1471282.jpg

↑限界まで絞った状態


このカムの利点は何と言っても、クラックに決まるサイズの幅が圧倒的に広い点といえるでしょう。
私の買ったサイズは、キャメロットで#0.75~#0.5、フレンズで#1.0~#2.0くらいまでをカバーしています。
キャメロットを使っていると、もしかしたら感じることもあるかもしれないのですが、キャメロットの#0.75と#0.5(一番上の写真の緑と紫)の間には、もう一つ必要だと思うことです。
ごくたまにですが、クラックに#0.75だと入らない。#0.5だとカムヘッドが広がりすぎ・・・。ということが起きたりします。
フレンズやマスターカムであれば、その中間のサイズが存在するので解決すると思いますが、リンクカムの緑を使えばさらに容易に解決出来ると言えるでしょう。
しかし、リンクカムは凄まじくウォーキングしますので、ロープの流れが悪くなるような場所にセットする場合は、より神経を使う必要があります。
初心者に使いやすいカムといえますが、場合によっては玄人的な判断が必要になる、若干やっかいなカムかもしれません。

いずれにせよ、普通のサイズであればキャメロットから揃えるのが無難な選択だと言えるでしょう。
by kaitin-yusei | 2009-12-03 23:17 | 山の道具


フリークライミングインストラクター・橋本明のブログです。日々のクライミングやスクールの模様を書いています。


by ちゃおべん丸

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

スポートクライミング
クラッククライミング
ボルダリング
マルチピッチ
クライミングスクール
アイスクライミング
ハイキング
夏山
沢登り
冬山
ヨセミテでの日々
ヨセミテの初夏
ヨセミテ2013
ジョシュア・ツリー
陽朔
老君山
昆明の岩場
格凸河
鬱陵島
陽朔岩場紹介
アマダブラム2014
アメリカツアー2015
富士山
山岳部な出来事
山の道具
本について
お知らせ
その他

タグ

(138)
(118)
(44)
(39)
(38)
(29)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

外部リンク

最新の記事

インドアクライミングスクール..
at 2017-04-27 12:04
小川山ボルダー 
at 2017-04-26 22:14
エクセレントパワー(5.13..
at 2017-04-24 23:54
5月のスクールの予定
at 2017-04-19 23:56
インドアクライミングスクール..
at 2017-04-18 23:56
聖人岩講習(4月16日)
at 2017-04-17 22:35
天王岩講習(4月10日)
at 2017-04-11 13:36
小川山
at 2017-04-07 23:46
近頃のインドアクライミングス..
at 2017-04-05 16:17
エクセレントパワー(5.13..
at 2017-04-03 18:23

記事ランキング

ちゃおべん丸について

屋号 ちゃおべん丸
名前  橋本 明

【公社 日本山岳ガイド協会】フリークライミングインストラクタ―
法政大学体育会山岳部コーチ



主な登れたルート
【スポートクライミング】
惊雷(5.14a)
Lightning(5.13d)
Gin&Tonic(5.13c)
門前払い(5.13b)
スティングレイ(5.13b)
四国第二国道(5.13b)
シンデレラボーイ(5.13a/b)
虎の穴(5.13a)
カリスマ(5.13a)
デジタルモザイク(5.13a)
ケレンジ(5.13a)
青島啤酒(5.13a)
One Love(5.13a)

【クラッククライミング】
Cosmic Debris(5.13b)
Hang Dog Flyer(5.12c)
叮咚(5.12)
The Reckoning(5.12c)
春うらら2ピッチ目(5.12a)
Leave It to Beaver(5.12a)
タコ(5.12a)
天まであがれ(5.12a)
Short Circuit(5.11d)
バナナクラック(5.11d)
イムジン河(5.11c/d)

【ボルダリング】
蟹クライマー返し直上(三段)
蟹(二段)
忍者クライマー返し直上(二段)
Pugelist(V9)
Bruce Lee(V8)
Deliverance(V8)

などなど
     
  

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

画像一覧

ブログジャンル

登山
アウトドア

検索